修理

この記事は、ご新規さまに向けて書かせて頂きました。
作り手目線で恐縮ですが、少しでも御理解いただけますように。
----------------------------------------------------------------------------------------

1年3ヶ月ほど前にヨメに出した この娘が、、、
IMG_4863.jpg






里に帰って来ました。
IMG_0737.jpg






お、おお、、、 !?
IMG_0738.jpg






おおおうっ!!!
娘よ、一体なにがあった!?!?!?
IMG_0739.jpg



嫁ぎ先で姑に布団叩きで叩かれでもしたか、
それとも夫のDVか。

とにかく娘の身も心も(?)ボロボロです。
里で しっかり癒してやらねば!!!



、、、そんな物語は ここまでにして、



修理の様子を ちょっと細かめにアップしてみます。
今まで あまり修理について書いた事がありません。

時々 鞄の修理について お問い合わせを頂く事があります。
私の作った鞄の事も たまにはありますが、
そうではない市販品や 他の方が作った鞄の事の方が多いです。

最近は ご新規の方の修理のお問い合わせが多くなっています。
不景気の影響でしょうか。

大体は、
お気に入りで まだ使えるのに、ここだけ壊れた破れた、
お気に入りなのに、ここだけ使いにくい、そんなので。

修理というのは、新しく作る事よりも大変な作業です。
それに、お客様の品物を失敗してはならないという
大きなプレッシャーが あります。
縫った糸を解いて、また縫い直すならば、
正当価格は 新品を買って頂く方が 遥かにお安い、と思います。

でも、それは なかなか御理解 頂きにくいのです。

メールでお打合せをした後、高過ぎると言われるのが辛いです。
作り手は 安過ぎると思っていて、両者の溝は深くて埋まりません。

でも、まあ そんなものだと思います。
作り手の私だって、分野が違えば、
買った方が 安いじゃない
と、思う事は しょっちゅうですから。

それから もうひとつ、
修理の場合は事前にお見積りを出すのが 非常に難しいです。
実際に手にしてみなければ分からない事が多いです。
殆ど全てが 事前に予想していたより 大変な作業に なります。

この世界は 超々低賃金の世界です。
労働基準法、最低賃金、
ナニソレ!? タベレルノ!? そんな世界。


本当はブログには 鞄の修理をアップしたかったのですが、
そんな機会は あまりなく、
タイミング良く お預かりした手帳カバーの修理です。






さて、この手帳カバーですが、
ダメージは事前に画像で拝見しておりました。
IMG_0737.jpg
ダメージは、革が何枚も重なり複雑な作りの場所で、縫い直しは不可。

修理は、革の表面を整え色を塗る、と言う事で準備しておりましたが、
実際に手帳カバーを拝見すると それも無理でした。

革の表面を整えようとすれば、
ミシン目の上に ボンドがこびりついていて糸が切れそうですし、
革の最も薄い部分では 革床まで完全に穴をあけてしまいそう。

革表面を完全にキレイにできなくても、
飾りチャームを縫い付け ダメージを目立たなくさせるつもりでしたが
それも無理そう。






それで、予定変更して、
革で花びらを沢山作って、コサージュにして縫い付けようとしました。
でも、花芯の位置がカバー本体に干渉してしまって
あまりバランス良く出来ませんでした。
IMG_0741.jpg






そんなこんなで、もう一度 最初から仕切り直し。
IMG_0746.jpg






革を長い帯状に切り出しました。
IMG_0740.jpg






薄々に漉きました。
IMG_0742.jpg






漉いた帯革を ぐし縫いして縮めてフリルにしたものを
手帳カバーに仮留めした状態です。
IMG_0743_20170425234116529.jpg
そして全体のバランス チェック。
うん、フリル でか過ぎです。






革をカット、仮留め、バランスチェックを何度か繰り返し、
OKになったら 革のコバ処理です。
IMG_0744_20170425234118141.jpg






そして、やっと縫う。
ここまでが長いYO!
IMG_0745.jpg






それから飾り物の検討。
これは けっこう楽しいYO!
IMG_0747.jpg
ピンクの お花は、U.S.A.ヴィンテージです。
革色にピッタリで、前もって準備していました。
でも、残念ながら今回は使うのは無理みたい。






検討の結果、アンティークのチェコガラスボタンに決めました。
1930年代の古いデッドストック、チェコから取り寄せた品。
ちょっと大きめの、とっても美しい細工のガラスボタンです。
IMG_0748_20170425234130557.jpg






そのボタンは ここに、
テグスで しっかりと縫い付けました。
IMG_0749.jpg






それから、天然石も。
画像は シルバーフラッシュクリスタル です。
小さいけれど、全面にカットの入ったドロップ型の美しいもの。
お気に入りで大事に使っています。
IMG_0750.jpg






天然石は 装飾とフリルの抑えを兼ねています。
完成品のテグスでの縫い付け作業は、
普通の製作より大変で時間もかかります。
IMG_0752.jpg
画像には写っていませんが、
天然石は シルバーフラッシュクリスタルの他に、
クリアな水晶も加えました。






天然石の次は、革床の処理です。
フリルが固くなり過ぎない様に、
必要な部分だけを この段階で処理します。
IMG_0754_20170425234143898.jpg






革の処理剤が乾いたら、テグスのボンド処理です。
天然石は一粒ずつフリル裏でテグスを結んでいます。
IMG_0755_20170425234145fd9.jpg






ボンド、乾きました
IMG_0756_20170425234146b8c.jpg


フリルのクシャッとした感じ、思い通りにできました
IMG_0757_2017042523414890f.jpg


派手に飾っていますが、機能的にも問題ありませんよ
IMG_0758.jpg






裏面には、
ミシンの縫い線が短く1本、テグスの縫い跡が ポツポツと数カ所。
でも、派手な飾付け、糸を解かずに修理したわりには良いでしょう。

縫い跡は布で覆って隠す事もできますが、
後々 それがまた剥がれてしまうと返って厄介なので やめました。
手帳を入れると ここは隠れてしまいますしね。
IMG_0759.jpg






最後に、
ダメージ部分以外にも 経年劣化で 革の色褪せが ありましたので、
色を乗せてキレイにしました。
IMG_0760_2017042523420102b.jpg
最後の最後に、革にローションを塗ってアンチエイジング。
それが乾いたら、修理 終了




と、まあ こんな風に、
糸を解かない小物の修理ですら、これだけの作業量でした。

実際に手を動かすよりも、考える時間の方が ずっと長いです。
修理は どこでも好きに縫える訳ではありません。
元の機能を損なわない様に、美も損なわない様に、考える事が多いです。
考える時間、手は あまり動いていませんが、これも労働です。

鞄の場合、糸を解く場合は、もっと大変です。
糸を解く作業だけでも かなり大変。
そしてパーツを傷めず元に戻し、元の針穴どおりに縫うのですから。

表も裏も糸が見える箇所では、
組み直したパーツの 表と裏の針穴 両方に再び針を通さねばなりません。

しんどすぎる、失敗が怖い、お代は幾ら頂いても やりたくない。
これが作り手 全員の本音です。(私調べ)

私は 自分の作ったもの以外の修理は お受けしておりませんが、
でも、思い入れのある お品物の場合など、
心動かされた場合に 受けさせて頂く事があります。

でも、どうぞ高過ぎると おっしゃらないでください。

低価格で修理してくださる方が いたとしたら、
その方は 慈愛に満ちた仏様かマリア様でいらっしゃる。



さて、

今回の手帳カバーの修理費は、5,930円 です。
高いですね。
新品カバーが買えちゃいますね。

で、内訳を公開します。

 ・革(日本製カーフ上等部分) 6ds 750円
 ・チェコアンティーク ガラスボタン 1300円
 ・天然石 282円
 ・革処理剤 ボンド 両面テープ他 100円
 ・手間賃 3,500円



材料費は実費で、普通に買うより お安いです。
この手間賃では、学生コンビニバイトの時給の半分もありません。
なのに工業用機械・プロ用資材を使用しています。

手間賃 3,500円から、
機械の維持費、梱包費、発送やメールの時間、海外品を探す労力など、
まだ出るものもあり、仕事としては破綻しています。

ですから、高いけど 高くないのです。
1万円の市販品バッグの修理費が2万円でも、詐欺じゃないのです。

チェコボタンで費用が嵩んでしまいましたが、
私は ここで数百円をケチりたくはありません。
多少 高くなっても 最も良いと思う物を使いたいです。

修理、こんな感じで、決して暴利を貪ってはいないのです。

修理価格は、私としてもギリギリの妥協ラインです。
今よりお安く お受けする事は どうしても出来ません。
どうぞ ご理解いただけましたら幸いです。




貪りたいのは山々だが
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.26 ) ( Handmade その他 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
籠バッグ 販売します

こんにちは。

いきなりですが、
先日から続けて製作していた籠バッグをショップ販売いたします。


目下、画像整理や商品説明の製作と格闘中ですが、
何とか、今夜中に ショップ に並べたいと思います。

さきほど、下記ページだけアップ致しました。
籠バッグ 共通の商品説明ですが、
これで個々の商品説明が短く、ご覧いただきやすくなりますね。

 →「籠バッグ 商品説明 共通」



下の画像は、まだ何も手を加えていない状態の籠バッグです。
厨房用品の問屋街で見つけた物で、とても気に入っております。

正面は、中央が少し窪んでいるのが可愛い
上口と底が狭く、真ん中が膨らんでいるのも良いですね
IMG_0720.jpg





側面は、厚みがあり過ぎず、ちょうど良い感じ
IMG_0719.jpg





楕円形の底も良いでしょ
IMG_0721.jpg





特に気に入っているのが、
持ち手の全体にワイヤー芯が通っている事、
本体側でも 力のかかる部分には底までワイヤーが通っている事。
IMG_0728.jpg





それから、持ち手が倒れる事も高ポイントです
IMG_0726.jpg





持ち手は内側にはパタンとキレイに倒れます
(前後の持ち手 どちらかを順に倒せばフラットに倒れます)
IMG_0725.jpg





巾着袋は閉めても良し、開けたままでも良し
閉めるときも、紐を結ばなくても 引っぱるだけで口は開きません。
IMG_0723.jpg





収納力も ちょうど良い感じです
IMG_0724.jpg





籠バッグのサイズを数字で お伝えするのが難しく、
トルソーモデルのヴィヴィアンちゃんに お願い致しました。
IMG_0729.jpg

サイズ感をお伝えしたいので、珍しく服を着せておりまするよ。
(え、下も着せろって !?





うーん、この画像は 籠バッグが大きく見え過ぎています。
実際の籠バッグは もう少し小さめです。
IMG_0730.jpg





これも ちょっと大きく感じるかな !?
IMG_0731.jpg





この画像が 最も サイズ感が出せているかな !?
画像って難しいですね。
IMG_0732_20170424160349a1c.jpg



まあ、とにかく、
ちゃんと お荷物は入りますが、大きすぎない籠バッグです。

形が良いので、
籠バッグに ありがちな邪魔感が ありませんよ

それから、チェコガラスボタンやら チェコボールやら、
どっちゃり飾っているのですけど、それも邪魔感が ないのですよ

革バッグだと、
装飾部分が出っ張って 気になってしまう事が多いのですが、

この籠バッグは、
装飾もすんなりと馴染む感じで気持ち良く収まっています。



さて、いっぱい宣伝しました。

皆様、ぜひぜひ お買い求めくださいませ

お値段は お手頃価格に設定しております。
今回は 個々にキチッと原価計算して お安くしております。
ヴィンテージチェコボタンとか たっぷりなのに お手頃です。

結構 製作時間は長かったですけれど、
手間賃なんて 子どものお駄賃レベルですよ


(余談ですが、
 蝶々や蜂のチェコボタンは どれも本当に高いです。
 いつか籠が壊れてしまっても、捨てないで下さいね

籠バッグの具体的なお値段は、

我が家が 腹を空かせたドラ息子達を回転寿司に連れて行って、
いつもより ちょっと多めに 高いお皿を食われちまった、
そんな時のお会計くらいでしょうか。



それにしても、
籠を買い込み過ぎて、一部屋 足の踏み場が ございません。
沢山 買って頂けます様に(切実)。



回転寿司、なんぼやねーん !?
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.24 ) ( Handmade ショップ&オークション ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
革漉き機 決まりました

先日から お知らせしていた ニッピ革漉き機ですが、
嫁ぎ先が決まりました。

他にご希望だった方々、
お知らせが遅れてしまいまして申し訳ありませんでした。
また次のチャンスを待ってくださいね。


画像がなくてドカ弁〜〜〜💦
IMG_0603_20170423005133bcd.jpg



次は通常更新したい
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.23 ) ( Handmade ミシン ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
革漉き機に つきまして

昨日の革漉き機の記事、
沢山の方にご覧いただきまして誠にありがとうございます。

お問い合わせは 沢山 頂いているのですが、
関西以遠の方ばかりでして、
結果から申しますと、まだ決まっておりません。

ミシン店は東京です。

遠方の方へ、整備済みの革漉き機をお送りする事は可能ですが、
使い方、その後のメンテナンス等の問題があります。

ミシン屋さんが 本当に誠実な方でして、
ミシン屋さんご自身が 後のフォローまで責任を持って
最後まで やり遂げたいとおっしゃっています。

フォロー可能なエリアは きっちり決まっている訳ではありませんが、
関東程度に限られて来るかと思います。

遠くの方で、どうしても欲しい方は、
使い方、メンテナンスの問題を 御自分で解決できる方に
限らせて頂くのが無難な様です。
ですので、革漉き機の経験がない方には難しいかと思います。

昨日のブログにエリアの事を書いておりませんでした。
申し訳ございませんでした。

お問い合わせが多く、全ての方にお返事が出来ておりません。
誠に申し訳ないのですが、

今後も全ての方には お返事が出来ないかもしれませんので、
お問い合わせ下さった方は、
しばらくの間 私のブログをチェックして頂けましたら幸いです。



お問い合わせ下さる方には色々な方がいらっしゃいます。

私は別にミシン屋さんの営業をやっている訳では なく、
営業を頼まれている訳でも ないので、
ミシン屋さんに余計な労力を お掛けする訳にはいかず、
最初に私にご連絡頂く事で、フィルターの役目を果たしたいと
自分で勝手に思っております。

それと、
私自身 今のミシン屋さんに出会えるまでが ちょっと大変でして、
そのミシン屋さんは 鞄の世界のビッグネームな方が、
何の得にもならないのに、私なんぞに紹介してくださったとか、

それに、
作り手にとって、信頼できるミシン屋さんの存在の大切さと、
それに出会える難しさと、作り手さんが それらを求める気持ちが
よく分かりますので、今の様な事をしている次第です。

革漉き機は、整備前のバラバラ状態でも、
お店に置けば すぐに売れてしまいますので、
別に この場で革漉き機の行き先が決まらなくても構わないのですが、
せっかく ニッピがあるのですから、と思ってのお声がけでした。

引続き、ご希望の方がいらっしゃいましたらお知らせ下さいませ。

アップできる画像が何も無い!
昨日のドカ弁でも載せとくかい!

IMG_0630 のコピー



革漉き機〜、欲しくならない?
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2017.04.19 ) ( Handmade ミシン ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
同業者さんへ速報!

本日 2回目の更新です。
緊急です。

大きな声で言いますよ!!

中古のニッピの革漉き機、あります!!

欲しい方、今なら予約ができますよ!!



探している方は御存知と思いますが、
もう本当〜に、貴重ですよ!!

今、ミシン屋さんと電話をしていたら、
1台あると おっしゃってました。
これから整備だそうです。

私のミシン屋さんって、
ぶっちゃけ本音で申しますが、日本一の お方です。

この方のものなら、間違いがありません!
保証します!
最高品質の物をお安く届けてくださいます。

最近は 良い国産の革漉き機は出尽くしてしまって、
せっかくミシン屋さんをご紹介しても
殆どお断りしてばかりでした。

滅多に無いチャンスです。
欲しい方、ご連絡くださいませ。
多分 すぐになくなります。


国産 革漉き〜〜〜!!
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ


( 2017.04.18 ) ( Handmade ミシン ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
使いやすいTピンなど

以前からリクエストを頂いていたTピンなどを
ショップにアップしました。
使いやすいピンです
IMG_0638_20170417225908b52.jpg

太め・長さ35mm、カラーが3色 揃う事を条件に探していたのですが、
ありそうで なかなか なくて、遅くなってしまいました。

ピンの質って大事です。
作品の仕上がりにも影響しますし、
使いにくいピンだと ハンドメイドが楽しめませんから。

Tピンは、線径0.8mmと 太めで、チェコボールが安定します。
太めなのに、固すぎず柔らかすぎずで 楽に加工できます。
これ 大事
なんですけど、そんなピンって あまりないのですよね。





ピンは、Tピンナインピンの2種類、

長さは どちらも35mm、
太さは Tピン 0.8mm、ナインピン 0.7mm、

カラーは アンティークゴールド(AG)・ゴールド・シルバー の3色です。
IMG_0632.jpg





ピンが使いやすいと、切り口の処理などが楽にキレイに出来ます
IMG_0637_2017041722584111d.jpg

ピンは中国製です。
お値段も お安くしております。

稀に不良品が少しだけ混じっている事もあります。

ピンは 曲がっていたり、塗装ムラがあったり、曲がっていたりする事も
ありますが、普通に お使い頂ける範囲内のものですし、
お値段以上の良品と思いますので、
中国製、多少の品質のばらつきは ご容赦くださいませ。

っていいますか、
どれもこれも真っ直ぐ綺麗なピンを求めると とても高くなります。
私が作品に使用しているピンは、何倍もの お値段がします。

ちょっと 品質にばらつきがありますが、
お値段的にも、加工的にも、お使い頂きやすいピンの ご紹介でした。

チェコボールのついでに、よろしかったら どうぞ

 → ピン






ついでに、最近アップしたチャームも ご紹介させて下さい。
チャームはアメリカから購入した真鍮製の高品質な物です。

2種類ありまして、繊細な作りの美しいチャームです。
1つ(花籠 鳥籠)は 極小のキュービックジルコニアが 入っています。

こちらは非常〜にオススメです。

と申しますのは、
仕入れ先のショップさんが 値段を安く間違って売りに出していたのを、
私が知らずに お安いわんと、買ってしまったからです。
私の購入後、即 お値段が上がりました。
(ショップさん、ごめんよう💦)

そんな経緯で、とってもお安く置いております。

でも、本当に アメリカのショップさん、ごめん
納品されてから知ったんですよ〜。
間違いだって分かってたら買いませんでしたよ〜。



◆U.S.A.ブラス チャーム フラワーリース
IMG_0548.jpg

IMG_0567_20170417225837ca0.jpg





◆U.S.A.ブラス チャーム 花籠・鳥かご 14KGP
IMG_0565.jpg

◆U.S.A.ブラス チャーム 花籠・鳥かご SV925P
IMG_0562_20170417225839912.jpg


 → チャーム



U.S.A.ブラス チャームの方は、
もし使う予定がなくても、ついで買いして下さいませ。
ほんとオススメよ。



こちら↓もオススメです
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.18 ) ( Handmade ショップ&オークション ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
籠バッグ あと2つ

籠バッグ、また2つ作りました。
やっぱり、モンブランの栗だけ先食い製作です。

こちらは、チェコヴィンテージではなく、
U.S.A.ヴィンテージ品を飾りました。
IMG_0623.jpg



以前、アメリカから取り寄せた5枚花びらのエナメルフラワーです。
随分 長い事アトリエで眠らせていましたが、出番が来ました

それから、
作品に使う事なく眠らせていたミンクファーも使う事にしました。
IMG_0620_20170417094349494.jpg
エナメルフラワーは、確か かなり古い物だった様に思います。
後で記録を調べてみます。



タッセルは、色がピタリのカーフ革です
ここにもエナメルフラワーを。
IMG_0622_201704170943512e4.jpg






もう1つは、チェコヴィンテージなのですが、
こちらは今までとひと味 違います。
IMG_0625_2017041709440105d.jpg



籠の上口を卷き付けるように飾っているのは、
チェコガラスの古いネックレスです。
IMG_0626_20170417094403095.jpg
ネックレス飾りは籠の裏までは回っていません。
籠側面の少し後ろより、という ちょうど良いところまで。



このネックレス、かなり頑丈な作りで、飾付けにピッタリ
むしろ、頑丈過ぎて、ネックレスとしての方が不向きに感じるほど。
IMG_0624.jpg


それにしても、ネックレスを縫い付けるのに時間が かかりました。
無理な体勢で力を入れて 針を通したり テグスを結んだりしたので、
腕と肩が 今おかしくなってます。
腕肩 動かす度に、ポキッ カキッ バキッ と骨が鳴る。
一晩 寝ても、まだ鳴っている。
自分で自分がウルサイ。
一体どうしてくれよう。
IMG_0627_20170417094404574.jpg



こちらはラビットファーのチャームにしました。
ネックレスとお揃いのチェコガラスを飾っています
IMG_0628.jpg



籠バッグの飾りアイデアは まだまだ あるのですが、
籠そのものも まだまだ あるのですが、

籠バッグは一旦ここまでにして、次は革鞄を作ろうと思います。

籠バッグは お買い得価格でショップに置く予定です。
また 見にきて下さいね。バキッ。




バキッと、、、いえ、
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.17 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
籠バッグ チェコボール&チェコガラス のってます

今朝は早起きの記録を更新しました。
3時45分 母起床、4時45分 ドラ起床。
朝刊 配れそうです。

しかし、人参ジュースの おかげか、さほど疲れるでもなく、
籠バッグ、ノリノリで作ってます。

数を作るうちに、飾りが段々エスカレートしてきました。
先に作ったものが寂しく見えてきて、飾り足したりとか。

チェコガラスの様なヴィンテージもの、最近は高いのですが、
もうコスト度外視で欲望のまま好きなだけ飾っております。
どうぞ見てやって下さいませ。


シャビーピンク
IMG_0610_201704160847555ed.jpg

IMG_0611_20170416084756d86.jpg






ブラック
IMG_0615.jpg

IMG_0616_20170416085226b18.jpg






ラベンダーは、
 同色の革が なかったので、バッグチャームはラビットファーに。
 したらば、これが とっても可愛いかった
 籠とファー、合いますね
 最近はファーが冬だけの物ではなくなってきたのが嬉しい
IMG_0608_20170416084720c0f.jpg

IMG_0609_2017041608472123f.jpg






グレー
 ファーが可愛いので、グレーも作ってみました。
 ファーはサイズが大きめで しっかりしたものを使用しています。

 画像では ちょっと分かりにくいですが、
 先ほどのラベンダーも、このグレーも、
 ファーとお花部分は2つに分かれています。
 ファーとお花、それそれ単独で お使い頂けます。
IMG_0613_201704160847581f7.jpg



 下は飾りを乗せただけのイメージ画像です。
IMG_0606_20170416084718bbe.jpg



 実際に縫い付けると こうなりました。
 籠は布や革と違って、どこでも針を通せる訳ではないので、
 イメージ通りに仕立てるのは 結構 難しいです。
IMG_0614.jpg






籠の隙間を探して、ここぞ!という位置に針を通すのですが、
IMG_0604_201704160848100b7.jpg



裏は こうなってまして、籠が見えないのですよ。
針を通すのが大変です。
IMG_0605_201704160847177c1.jpg


籠バッグ、どんどん作っていますが、
実は、どれも完成させていません。

面倒なテグスやボンドの処理は 後回し、内袋の縫い付けも 後回し。

飾付けの、楽しい美味しい部分だけを 先に味わってしまってるのです。

モンブランの栗だけ先に食っちまったよ





栗だけ食っていたい!
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.16 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
籠バッグ 続き
ショップで お買い上げ頂きました方々、
 今朝 全ての方へ発送させて頂きました。
 遅くなり申し訳ございませんでした。

ジュエリーやチェコボール等、
 ショップで Sold out だったものを昨夜 補充いたしました。
 チェコボールは現在 全色 揃っております。
 ジュエリーは在庫状況に応じて補充する事もございますので、
 Sold out の場合でも また後日 ご確認いただくか、
 お問い合わせして頂けましたら幸いです。
 (補充のない お品物も ございます)

----------------------------------------------------------------------------------------

ヴィンテージ チェコガラス & チェコボールの籠バッグ、続きです。


ターコイズブルー
IMG_0597.jpg

IMG_0598_20170414105428963.jpg

タッセルは まだ未完成です。
昨夜 2時まで頑張りましたが、挫折。






ブルー
IMG_0601_20170414105432ead.jpg

IMG_0599_2017041410542986a.jpg

IMG_0600.jpg

タッセルには 色を合わせた天然石を

1つの籠バッグに、チェコボールを8〜10個くらい付けています。
大体は新ボールを、色によっては旧ボールも付けています。

チェコボール、可愛いっす
色数豊富で何にでも合わせられて 私の最強アイテムかも。

チェコボールは、
お正月あたりにドカーンと大きなロットで仕入れをしました。
ウン十万円ですぜ、奥さん。

良い指輪でも買える値段なのに、私はチェコボール。
私らしいわあ。

チェコボールの仕入れは、支払額が大きいので慎重にしていました。
円が強くなるタイミングを見計らって賢く仕入れ、
、、、の筈たっだのですが、

決済時にタイミングを逃してしまったらしく、
4万5千円も高くなってしまった、という経緯が あります。

PayPalの預金から支払いをしたのですが、
後で引き落とし額を確認して気が付きました。
このショックから 未だ立ち直れてません。

おい おい おい おい 😭




よんまんごせんえーんっ、カムバーーーック!
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.14 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
籠バッグ チェコボール&チェコガラス

昨日 ショップでお買い物して下さった方々
 発送が明日になってしまうかもしれません。
 発送準備は整っておりますので、
 もし 間に合いましたら 本日 発送させて頂きます。
 遅くなり恐縮ですが、何卒 よろしくお願い致します。

----------------------------------------------------------------------------------------

おはようございます。
4月ですね。
忙しいですね。

我が家はドラ次男が高校生になり、超絶 早起き生活が始まりました。
4月になってから 4時起床が続いています。

4時って、マジか !?!?!?

ドラ次男が、朝5時半に家を出るのです。
それまでにドカ弁です。
ひょえ〜〜〜。

ドラ兄弟は 部活と塾で、毎日 帰宅するのも遅いです。
モーレツサラリーマンみたい。
毎日クタクタになって帰って来ます。
本当に お疲れさまです。

でも来週からは、
週の半分強は5時起き、半分弱は4時起き になります。
ちょびっとラクになります

それに、ドラ次男は無事に第一志望校に合格できたのだし、
2人とも頑張っているし、どうせ たったの3年だし、
最近は何かと良い事が続いていて嬉しい事が多いし、

まあ とにかく、
向こう3年間は しっかりドラ達をサポートしていこうと思ってます。




まだ年度始めの学校行事が続いていて、鞄屋は捗っておりませんが、
ちょこちょこと仕事は やっております。

先日 購入した籠バッグで楽しんでおります
IMG_0589_20170413092604232.jpg






チェコから取り寄せたヴィンテージの蜂
チェコボールも
IMG_0591.jpg






蝶々も おりまするよ
IMG_0592_201704130926073d9.jpg

コサージュは既製品です。
固めで しっかりとしていて鞄の装飾に適した物です。
このコサージュも コロンと丸くて とっても可愛いの






こちらはグレーバージョン。
IMG_0583.jpg

IMG_0584.jpg






やっぱり ここにも蜂
IMG_0585_20170413092548c45.jpg

蜂は、
1年くらい前に、何故かモーレツに蜂が欲しくてたまらない時期が
ありまして、使うあてもなく買い求めたものです。
やっと出番が来ました。
この蜂、高かったのよ。






蜂やらチェコボールやらは、籠の裏に革を当てて縫い付けています。
試行錯誤して、この方法に落ち着きました。
ほぼほぼ、飾りたい場所に縫い付ける事ができて、
しっかり縫い留める事が 出来ています
IMG_0588_201704130926032af.jpg






籠バッグには タッセルも作っています。
IMG_0586.jpg






タッセルには 小さなお花を付けてます
この お花も可愛いんですよ〜
IMG_0587.jpg






しばらく、籠バッグを作ろうと思います。
ちょっと多めに作ってショップに並べようと思っています。

仕上がりましたら、
皆様 どうぞ、ズンズン ドコドコ お買い上げ下さいませ。

なにしろ、籠が大量です。
一部屋、籠で埋って足の踏み場が ありません。
IMG_8954_20170324172830371.jpg

また改めて ご紹介いたしますが、この籠、良い籠です。
ズンズン ドコドコと、是非 !!!!!





とにかく籠々
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2017.04.13 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )