栃木レザー& IBIZA 見学
[ MyAuction ] ← 今夜 終了です。よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)


昨日、布と糸の時間」のtamaさんと一緒に、
タンナーの 栃木レザーさんの革の鞣し工場と
バッグメーカーの イビサさんの鞄の工場見学に出掛けて来ました。

浅草ものづくり工房主催の工場見学のバスツアーです。
靴や鞄作りのプロ、又はプロの卵対象の限定ツアーだった様ですが、
場違いな素人の ちょっと熟し気味の美女2名、
ツラの皮厚く ちゃっかり参加させて頂きました。


最初は 栃木レザーさん。
フルタンニン鞣しの革を作っていらっしゃいます。
社長さん自ら 原皮が革に至るまでの長い工程を
丁寧に案内して下さいました。
皮の表には牛の毛が付き、裏には脂肪が付いたままの 生々しい原皮。
これを洗ったり、脱毛したり、鞣したりして、革にするんです。

タンナーを見学するのは、実は2回目。
以前にモロッコのフェズという町で
タンニン鞣しの工場を見学した事があります。
ですので、革の鞣しの現場の匂いやキツさとか そういうもの、
一応 知ってはいたものの
それでも、栃木レザーさんを見せて頂いてショックを受けました。
生々しい原皮に、と申すよりも、
現代の日本人の手で、大変な作業を経て 革が作られている事に。

(栃木レザーさんでは 排水や衛生に気を遣われていて、
 匂いはほとんどありません。)

とてもとても人の手と時間がかけられて 革が出来上がるんです。
1枚の革に 想像以上の手間と時間がかけられています。
情熱があるから出来ることだと思います。

栃木レザー、一級品で お値段も高くて知られていると思いますが、
工場の見学の後では 高くない、それどころか安いと思いました。

こちらに 皮から革へ の工程が紹介されていますので御覧下さいね。
革を扱われるハンドメイダーさんや 革製品のお好きな方には特に、
この長くて大変な工程を ぜひ知って頂きたいと思いました。

材料の革が出来るまでに これだけの人の手がかかり、
そして、作り手の私達の方でも また更に手をかけていく革。

tamaさんもおっしゃってましたが、
生き物を材料にするとは こういう事なのだと少し分かりました。
革は、愛らしい牛から作っています。


私のアトリエでも 栃木レザーは定番品、
いつも2枚か3枚の半裁を置いています。
これは1枚で作る持ち手用に 厚めに漉いてもらったもの。
IMG_2544_convert_20120209083005.jpg
こんな革を材料にさせて頂けるのは なんと有り難い事か。
栃木レザー、良いけど高いんだよね、とは もうなるべく申さず、
気持ちを込めて 大切に使いたいと思います。






次は イビサさん。
こちらは画像がたっぷりですので、
簡単なコメントで紹介させて頂きますね。



手作業で革に色づけ。
IMG_2538_convert_20120209083251.jpg



熟練の職人さんの手仕事だそうです。
IMG_2539_convert_20120209083305.jpg



ハイテクな革の裁断。
IMG_2519_convert_20120209083016.jpg



カット中~。
IMG_2523_convert_20120209083037.jpg



寸分の狂いもなくカットされた革。
よく見ると 小さな合印もキチッと入っています。
IMG_2520_convert_20120209083026.jpg



少しでも軽く仕上がる様にと、余分な革を切り落とされてました。
お客様に気持ち良く鞄を持って頂くために、
縫い代のあまり部分を 少しでも薄く 少しでも軽く、だそうです。
根気の要りそうな細かい作業、見習わなくては。
IMG_2525_convert_20120209083048.jpg



こちらは縫製部門。
見慣れたミシンがチラホラ、なんだか嬉しい。
IMG_2531_convert_20120209083146.jpg



持ち手作り。
IMG_2528_convert_20120209083114.jpg



とても参考になりました。
IMG_2529_convert_20120209083124.jpg



だんだん形に。
IMG_2527_convert_20120209083058.jpg



仕上がり間近です。
IMG_2536_convert_20120209083238.jpg



こういうの、
いいなあ、好きだなあ、かっこいいなあ。
IMG_2532_convert_20120209082954.jpg



染めた革の色留め作業。
IMG_2533_convert_20120209083159.jpg



鞄って、本当に手間がかかりますね。
IMG_2534_convert_20120209083217.jpg



イビサさんでは、ウロウロと自由に見学させて頂く事もでき、
自由に職人さんとお話させて頂く事もでき、感動しました。
撮影もお話しも どうぞご自由に だなんて!
イビサさんの鞄はとてもすばらしくてステキです。
それに、製品は無期限で修理もして下さるのですよ。
修理専門の方ともお話しをさせて頂きましたが、
とても高度な技術だと思いました。



今日の記事、長過ぎてスミマセン。
感動しっぱなしだったものですから。
こんな貴重な体験をさせてくれた浅草にとても感謝しています。
とても良い勉強をさせて頂きました。


鞄作りって、工程が長くて大変といつも思っていましたが、
使わせて頂いている材料もしかり。
様々な高品質な材料に感謝しないといけませんね。


最後のシメはこれ。
IMG_2541_convert_20120209083320.jpg
エスニックご飯。
美味しいビールとお料理にも感謝です。

出品中のマイオークション
下手なの知ってて、リピート入札して下さるお客様にも
下手なの知らずに、初めて入札して下さる方にも 感謝 感謝 です。

何事も ありがたい ありがたいのお年頃のC教授でございました。



 ああ、ココも、
人気ブログランキングへ
 ありがたい。
関連記事
スポンサーサイト



( 2012.02.09 ) ( Handmade その他 ) ( COMMENT:7 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

( by : * ) ( 02/16 - 04:01 ) ( 編集 )

♥いっこにこさん

ふふふ。
いっこにこさんも御一緒だったら楽しかっただろうな~と
思いながらのツアーでしたよ。

いっこにこさんが、着々と階段を
上の方~~~へ 高~~~く登られていくのを拝見しながら、
熟女2人で参加してまいりました。

( by : casablanca * URL ) ( 02/14 - 18:14 ) ( 編集 )

ご無沙汰しておりまーすっ。
な、なんだなんだ?
tamaさんと一緒の、む、むっちゃクチャ楽しそうなツアー!!!いいなー。えーん、いいなー。
しかもそのあとのビール?!涙が出るくらいうらやましいですっ(ツアーが?ビールが?どっちがやねん?)!

( by : いっこにこ * URL ) ( 02/14 - 10:28 ) ( 編集 )

♥tamaさん

楽しかったですねえ~♪
やはり普段の行いが良いとちがいますねえ~。
1人だったら気後れしちゃうけど、tamaさんと一緒でホントに楽しめました。
こちらこそありがとうございます。

でも、ツアーのネタ、全部私が使っちゃったみたいでスミマセンッ!
記事を書いてるうちに色々思い出して段々興奮してきちゃって。

また面白そうな企画があったら、是非ごいっしょしましょう!!!

( by : casablanca * URL ) ( 02/10 - 18:27 ) ( 編集 )

♥鍵コメさん

ありがとうございます。
お問い合わせを数件頂いているのですが、
まだ検討中なんです。
迷っています。
はっきりせず、申し訳ありません。

( by : casablanca * URL ) ( 02/10 - 18:22 ) ( 編集 )

楽しかったですね。偶然見つけたツアー、とってもラッキーでお誘いいただいて本当にありがとうございました。

イビサの鞄も本当に丁寧に作っていて革を無駄にしないものづくり、鞄を大事にする、そしてお客様を本当に大事にするっていうTころがファンを放さないのでしょうね。

革大事にしなきゃ!と本当に思いましたわ。
私も記事書こうと思うケド、写真も本当にかぶっています。
さらっと書いて、またリンク貼りますわ。

( by : tama70125 * URL ) ( 02/09 - 20:46 ) ( 編集 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

( by : * ) ( 02/09 - 13:01 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL