アトリエ計画(14) 作業テーブル
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

庶民の皆様、こんにちは。
いい加減 飽きてこられたかもしれませんが、
しつこくアトリエシリーズ14回目をお送りします。



今回は こちらの作業テーブル。
IMG_1285_convert_20110825212445.jpg
サイズは 巾1300mm 奥行1080mm、大っきいでしょ。
作業テーブルの側面に、
以前 自作したアイロン台をピタリと付けて配置しています。




このテーブル、元は奥行きの浅い 2台のデスクなんです。
旧アトリエでは こんな風に 2台を横並びにしていました。
新アトリエでは 2台のデスクを 背中合わせに配置して、
大きな1台のテーブルとして使用する事にしました。
IMG_1267_convert_20110825103550.jpg
がたつかないように 黒い金具で連結しています。




天板に境目があるのは困りますので、
A1サイズの大きなカッターマットを縦に2枚並べました。
ですので、カットスペースは広々と 巾1240mm 奥行900mm。
IMG_1268_convert_20110825103604.jpg
2枚のカッターマットは 裏面をマスキングテープでくっつけました。
その場しのぎなやり方ですな。




このデスク、1台につき引出しが3杯もあるんです。
IMG_1286_convert_20110825212508.jpg
金の計算以外は苦手なマダムの為に、デスク2台だと引出しは6杯です。
作業テーブルに引出しがあると助かりますよね~。




よく使う面の方の引出し3杯には、
左から順に「切るもの」「貼るもの」「書くもの」。
IMG_1269_convert_20110825103615.jpg




天板の下も有効活用。
IMG_1272_convert_20110825103652.jpg
左の籠は 芯の端材入れ、
右の籠は 制作中に何度も繰り返して使用する半端な材料入れ。
どちらの籠も 旧アトリエでも同じような使い方をしていました。
狭くなった新アトリエでも置き場所が見つかって良かった♡




作業テーブルの一番のチャームポイント。 
IMG_1271_convert_20110825103641.jpg
チャームポイントを削って消そうとしましたが、
自分が建てた家を 危うく焼かれそうになった主人は、
私に電動サンダーを貸してくれません。
このアイロン型焼印は 自分自身への戒めとして 残す事になりました。



戒めないで
人気ブログランキングへ
押して下さい



  『ちょこっと質問コーナー』
    鞄作りの参考に、よろしかったら教えて下さいね。
    (質問文をクリックすると投票ページにリンクします。)


    ●システム手帳 どんなサイズがお好きですか?
    ●鞄のファスナーの向きに こだわりはありますか?
    ●鞄は 左右どちらの肩に掛けますか?

                             よろしくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト



( 2011.08.27 ) ( Handmade 私のアトリエ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL