大切なもの、全部 入ります♪

ヤフオク 出品中です → 

----------------------------------------------------------------------------------------

母さんは〜 夜なべ〜を して、、、いえ、
(夕飯の)手抜き〜をして、鞄が仕上がりました

IMG_8652.jpg

IMG_8653.jpg

IMG_8655.jpg

ぱか
IMG_8656.jpg

ぱかーっ
IMG_8657.jpg

パッカーーーン !! とな !!
IMG_8658.jpg






IMG_8654.jpg

IMG_8660_20170201095049459.jpg

iPhone5S Plus 入れてます。
IMG_8659.jpg






IMG_8661_20170201095106e91.jpg

IMG_8663_20170201095108a92.jpg



        ①仕切り室 ②カードポケット 6枚用
        ③仕切り室 ④ファスナーポケット
        ⑤仕切り室 ⑥フリーポケット 浅型
        ⑦仕切り室 ⑧フリーポケット 深型

IMG_8665.jpg






IMG_8666_20170201095126371.jpg

IMG_8668.jpg

IMG_8669_20170201095129c02.jpg



ご覧の通り、この鞄は小さめサイズです。
口金の巾は 20cm、鞄巾(下辺)は 23cm とコンパクト。



ところで、唐突ですが、

「大切な ものは何ですか

と、あなたの心に問うてみました。



結果は、、、ふむふむ、なるほど。

        現金 ○○○○○○○○○○ 100%
      預金通帳 ○○○○○○○○○○ 100%
         鍵 ○○○○○○○○○○ 100%
       スマホ ○○○○○       50%
  ファンデーション ○○○○        40%
 ポケットティッシュ ○○          20%
         夫 ○           10%
   

現金・通帳・鍵・スマホ、これらは納得ですね。
夫がポケットティッシュより低いのには 驚愕の念を禁じ得ませんが、

まあ とにかくです。
コンパクトなのに、大切なものは およそ全て入ります。
夫 以外は。



カード、ポケットティッシュ、ファンデーション、キーホルダー
お札、通帳5冊、スマホ、等々を入れてみました。
IMG_8664.jpg

この状態で キチンと口は閉まります。
あと、ハンカチくらいなら入りそうです。


ああ 夫よ!
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
関連記事
スポンサーサイト



( 2017.02.01 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

★鍵コメさま★

こちらこそ再び ご覧いただきまして ありがとうございました。

初めてコメントくださったのでしょうか。
では私は他の方と間違えて お返事をしてしまったようです。
過剰に反応してしまい、本当に申し訳ございませんでした。
心からお詫び申し上げます。

ご指摘の件ですが、今、鞄をチェックしてみました。
革に皺はありますが、ダメージは無く、
実物の鞄が画像より悪いとは感じませんでしたので、
それでよろしいでしょうか?

それにしても、今回は私の方こそがマナー違反でした。
猛省しております。
本当にごめんなさい。
また どうぞ ご覧になって下さいね。
次のご訪問を心からお待ちしております。

( by : casablanca * URL ) ( 02/04 - 08:48 ) ( 編集 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

( by : * ) ( 02/04 - 08:03 ) ( 編集 )

★鍵コメさま★

ご覧いただきましてありがとうございます。
ほぼ全ての画像は加工してアップしています。

・完成品画像については、画像周囲にぼかし加工(イメージ的なもの)

・フラップ・マチ・口金を指で開いて撮影していますので、指消し加工

・印付けとシリコンオイル(両者とも後に消えます)の消し加工

・革は撮影条件によって、目視できない革内部の凹凸や皺まで出ますので
 目視と同レベルに見える様な加工

 →3枚目画像 鳥プレートのアップ
  手縫いで針を通した部分は光が乱反射して酷く写っているのを加工しました。
  但し、実物は画像より美しい仕上がりです。

 →8枚目画像 背面ファスナーチャームのアップ
  革に色むらのある部分:画像加工していません。
  色むらについては 販売時に言及する予定です。

・制作過程の画像については、
 公開したくない情報(制作方法や材料)も見せておりません。

もちろん、作品を良く見せたいという貪欲な気持ちは十二分にあります。

が、完成直後に撮影する事が殆どで、
その場合は、時間の経過と共に消えていく制作時のダメージの様なものが
必要以上にクローズアップされてしまいます。
また、革の撮影をされている方は ご理解いただける事ですが、
革は殆どの場合、実物より悪く写ります。
光の乱反射など、消さなければアップできない事も多々あります。


この世界のお客様は とびきり上級の方ばかりでして、
その世界で更に 手前味噌、お世辞を真に受ける、を承知して書かせて頂くとすれば、

お客様からは 画像より実物が良いと おっしゃって頂く事が多いです。
お客様は ほぼ全員の方がリピート購入してくださっています。
むしろ何年にも渡って ご購入してくださる方が大変 多いです。

言い訳の様な記述を細々と連ねてしまいましたが、
上記の様な事が全ての答ではないでしょうか。

また、私の制作技術は 謙遜ではなく本心から まだまだ低いと思っていますが、
下手なりにも、誠実に制作販売をしているとの自負があります。

最後に、僭越ながら 年増の制作者から進言させて下さいませ。

他者へ意見なさる際は、せめてハンドルネームくらいは 記入して下さい。
言葉を選ぶなど、マナーもお守りください。
例え正論でも、無記名 マナーなし では あなたの評価が下がります。
そして、自分を高めるものへ意識を向けられ、エネルギーを使われたらいかがでしょう。

普段はあまり こういうものへの お返事はしないのですが、今回は気がむきました。
たまには良いでしょう。
千葉のオバサンから失礼いたしました。

( by : casablanca * URL ) ( 02/02 - 10:23 ) ( 編集 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

( by : * ) ( 02/02 - 08:26 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL