本革の持ち手 [2/2]

チェコボールのシークレットセールを開催中です →
・ホワイトは sold out となりました。ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------------------------

本革の持ち手 [1/2] の続きです。

前回で革のコバ(断面)と床(裏面)の処理が終わりまして、
これから ようやく縫製です。
ここまでの道のりが長い!

最初に 端革で縫目の調整をしてから、
IMG_6591.jpg





本番です。
IMG_6592.jpg
ビニモの#8で縫います。
分厚い革なので 本当は #5くらいの太糸の方が縫いやすいのですが、
美観的には、糸は あまり太くし過ぎたくありません。





ガイドを使用しますので 高速でも 真っ直ぐ綺麗に縫えますが、
やっぱり革が手強く、糸の捻れが酷くて、高速縫いでは
糸の捻れが正常に戻る前に革を貫いてしまい 悲惨な結果に。
やむなく、中低速で縫いました。
IMG_6593-1.jpg
針は20番。
厚物専用の工業用ミシンで、普通のミシンより針軸が太くて強いです。
これは、どれだけ縫っても針の劣化を感じないくらい頑丈です。





で、縫い進めていくと、
縫目の反対側に向かって革が曲がってきます。
IMG_6599.jpg





針穴で革が伸びるんです。
IMG_6600.jpg
革の長さはキチッと寸法通りに裁断してますが、
縫うと伸び、どれだけ伸びるかは計算しきれません。

と、寸法の多少の誤差は御容赦くださいませの
言い訳でございました。





重ね縫いを数目して、
IMG_6602.jpg





糸は裏に引き出して、画像がありませんが、この後 焼いて処理。
IMG_6594.jpg





縫い終えたら、ローラー。
力を込めてゴリゴリと、、、どこまでも腕が痛いです。
IMG_6601.jpg





最後に、ローションを塗りたくって、
IMG_6596.jpg





か・ん・せ・い
IMG_6597.jpg





ステッチは2カラー
IMG_6614.jpg





太さ色々
IMG_6607.jpg





長さも色々
IMG_6609.jpg





革端は V型と
IMG_6608.jpg





丸形も あります
IMG_6611.jpg


持ち手なんて、細く切って縫うだけみたいですけど、
けっこう手間かかるでしょ。

でも、また やろうと思えば、コバはもっとツルピカにも出来ます。
が、それには とーっても時間が かかります。

もう少しだけ コバを滑らかにしたいわ〜って方は、
古布を水で湿らせて コバを擦るだけでも効果があります。
古布は なめらかなものより、
リネンくらいの粗さがある方が効果的です。

持ち手は その内 ショップに置きますので、
また見てくださいませ。

普通の布鞄も、
本革の持ち手を付ければ グッとグレードアップします
一般の市販品より お安く販売予定ですよ





腕のガクガクプルプルとまりませーん
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
関連記事
スポンサーサイト



( 2016.07.20 ) ( Handmade 制作の記録/鞄以外 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL