本革の持ち手 [1/2]

チェコボールのシークレットセールを開催中です →
・ホワイトは sold out となりました。ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------------------------

私生活が色々 忙しくて、お久しぶりの更新です。

ご注文を頂いている色々、少しずつ進めております。
メールのお返事が遅れており恐縮です。

鞄資材も革も、ジュエリーの石も、3連休で到着待ちの状態です。
多分 今週の半ば頃 まとめて届いて、パニックになりそうな予感。

今日は 本革の持ち手の作り方、というよりは手順ですね。
それを まとめてみました。
とっても地味な記事。

でも、
日本製の厚手のサドルレザーを 長尺でステッチ入りに仕上げています。
あまりない持ち手と思いますので、よろしかったら見てやってください。

持ち手は仕上がりましたらショップにアップ予定です。

----------------------------------------------------------------------------------------

革は、深みのあるキャメルブラウンの日本製サドルレザー。
味わい深い色合いです。
IMG_6562_201607191112272ea.jpg





厚みは 6mm〜4.5mm くらい。
場所によって違いますが、5mm弱くらいの部分が多いです。
IMG_6563.jpg




赤い蓋の容器は どちらもCMCですが、濃さが違います。
最初は 薄めのCMC(と言っても通常よりは かなり濃い目)から使います。
IMG_6565.jpg





大きな革なので、幾つかに分割してから 革床(革の裏面)の処理。
画像下の革の一面にCMCを塗りました。
IMG_6566.jpg





CMCが乾いたら ひたすらカット。
ちなみに、私は定規フェチで、色々 持ってます。
IMG_6567.jpg





ぜ〜は〜 ぜ〜は〜。
カット終了。
腕はガクガク。
IMG_6569_20160719111240175.jpg





カット後に出た端革の総量、2〜3キロはありそうです。
持ち手としてはNGでも 他の用途はアイデア次第。
お高い革なので、端革も出来るだけ利用したいと思います。
IMG_6571.jpg





カットしたら、両端をポンチでVの字に抜きます。
しっかりした革なので、更に腕ガクガク。
IMG_6580.jpg





今度は面取り。
おでんの大根と同じです。
IMG_6572.jpg





面を取ると取らぬでは大違いです。
少し角を落としてやるだけで、手に優しい感触になります。
IMG_6573.jpg




裏面も。
で、持ち手1本につき、4カ所も面取りするのです。
IMG_6574.jpg





面取り前(右) と 面取り後(左)
IMG_6575.jpg





面取り前(上) と 面取り後(下)
IMG_6576.jpg





面取りして 出た屑!
IMG_6578.jpg





次は コバ(革の断面)をヤスリがけ、腕はプルプル。
IMG_6582.jpg





滑らかになりました。
IMG_6581.jpg





そして、コバに目止め液を塗り塗り。
IMG_6583.jpg





乾いたら、今度は 濃いいいCMCを塗り塗りし、磨きます。
IMG_6585.jpg





床にも 濃いいいCMCを塗り塗りし、磨きます。
IMG_6589.jpg





コバに少し色も付けました。
IMG_6606.jpg

IMG_6605.jpg





ようやっと、下処理完了。
IMG_6586.jpg

IMG_6588.jpg





でも まだ 未処理のもの(画像左)は沢山。
IMG_6587.jpg



本革の持ち手 [2/2]に続きます。




腕ガクガクプルプルに
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
関連記事
スポンサーサイト



( 2016.07.19 ) ( Handmade 制作の記録/鞄以外 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL