絵にならない画像

最近のブログったら、

「次は◯◯の生地で作ります〜

「でけました〜


の、連投ばかりでした。


もっとメイキング画像も とリクエスト頂きました。
ですね。

と言う訳で、今日はメイキング画像を。



只今、3作 同時進行中で、今しがたショルダーを縫い上げたばかり。
革のコバ(断面)を、
磨いて 目止めして 色を塗ったり ゴシゴシしたりの最中です。
IMG_6335.jpg
あと もう少しでコバ処理が終わります。
そしたら穴をあけて ハトメを打ちます。






コバを乾かしている間は 革漉きを。
カーブの革デザインは 革漉きが命
かなり気を遣って作業してます。
IMG_6334.jpg






漉き終わりました。
この画像じゃ よく分からないかな
IMG_6332.jpg






革色が濃くなっている革端が 薄く漉いた部分です。
グルリと同じ厚みに漉くのではなく、場所によって厚みを変えています。
IMG_6333.jpg
このパーツは フラップに使用するものです。

使えるパーツにするまでは まだ もう少し道のりが。
この後 形を整え、ヘリ返しをします。
革は下準備が とても長いです。






鞄のボディの方は、ほぼ完成しておりまする
IMG_6331.jpg






左から時計回りに、
アーカイブ ライラック・クールコースト・スイムダンクレア の3点。
IMG_6330.jpg


ボディは 少し前に出来ていました。
3つ それぞれ使用している芯材の種類と厚みが違います。

どれが良いのか悪いのか、
作ってる本人が分からないので、
お客様には もっと分からないでしょう。

この3作に関しては、
わざわざ芯を変えてまで作る必要があったのかと思う僅差のレベル。
でも、ま、それぞれ ちゃんと出来ております。

ビニコの芯は難しくて、時々イヤになっちゃいます。
縦にも横にも伸びない素材で、もう布じゃありませんから。

生地だと 僅かな芯材の収縮は 何事もなかったかのように
飲み込んでくれますが、ビニコは そうはいかない。

理屈で考えれば、芯材の影響を受けないように、
強さは ビニコ>芯材 とすれば良いのですけど、
まあ、そこはそれ、
作りたい色々の要求が絡んで 話が難しくなるのです。


でも 皆様、ビニコ 大好きね。
私も大好き。

高級感のある仕上がりになるし 汚れ知らず。
難しいけれど魅力ある素材です。

うん、うん、そうですとも。

今日は ちょっとアドレナリンの出が悪い様な気がしますが、
3作 頑張って仕上げたいと思います。




アドレナリンの出るボタン
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
関連記事
スポンサーサイト



( 2016.06.18 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL