6年前の鞄リメイク
 My Auction   CLOSED
Casablanca Handmade shop   OPEN NOW
リバティ ビニコの ご紹介  ← 手持ちのビニコです♪
casablanca.handmade.shop@zpost.plala.or.jp   お気軽にメールください♪

動物愛護のチャリティー販売


仙台市のS様、
 小さい鞄は本日 発送させて頂く予定です。
 しばらくお待ち下さいませ。


さいたま市のS様、
 新しい小さい鞄が完成しましたので、本日 発送させて頂きます。
 大変 お待たせいたしました。


京都市のK様、
 大変お待たせいたしました。
 鞄は いつでも発送させて頂けます。
 後ほどメールを送信させて頂きますね。


東京都のO様、
 次にO様の鞄の制作を予定させて頂いております。
 大変お待たせしております。
 連休中にリバティや革の ご提案をさせて頂きたいと思います。



----------------------------------------------------------------------------------------


ショップに沢山の方にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

今日は まず お知らせから。

アンジェリカガーラの小さい鞄、早々にお買い求め頂いたのですが、
私からの申し出で 鞄の作り直しをさせて頂きまして、
新しく作ったものを納品させて頂く事になりました。

IMG_1092_20150428004709299.jpg

鞄は贈り物用に お求め頂いたのですが、
この鞄はフラップの裏側に革の色むらを修正している箇所があり、
その点が 贈り物用には どうしても気になってしまったからです。

お客様は 何度も鞄をご購入くださっている方で、
色むらの件も御了承の上 お買い求めくださったのですが、

目上の方への贈り物との事でしたので、
少しでも気になる点は無くしたいと思いました。

製作者的には キレイに仕上がっておりますし、
この革は高級品で 一般的な価格より ずっとお安く販売しておりますし、
B級品とは思っておりません。
(国産カーフ革は 名刺入れの様な小物でも高価ですので。)

が、以上の様な事情で、
先に作った鞄が ひとつ手元に残りました。

ショルダーストラップは 前の物をそのまま納品させて頂きますので、
今 手元に あるのは鞄本体のみです。

いずれショルダーストラップを追加制作して、
この小さい鞄は 再販させて頂きたいと思います。

そして、こちらはチャリティー販売にしようと思います。
今回は ネパールへの寄付金にしたいと思います。

その際は どうぞよろしくお願い致します。


----------------------------------------------------------------------------------------


さてさて、今日の本題です。
6年前に嫁にいった娘が、チバリーのアトリエに戻ってまいりました。

本革の持ち手は しっかりしているものの、見た目が けっこうボロボロ。
これはアカーン!と、すぐ ブッタ切りました。
IMG_1150.jpg





この頃は まだ職業用ミシンのシュプールで鞄を作っていたのです。
ですので、革にステッチも入れる事が出来ていませんでした。
IMG_1151.jpg
が、今の私には、三菱おじさんがいます。
腕吉がいます。
革尾 漉太郎もいます。

だから、すごーく グレードアップしておるのでございます。
昔と違って、かなりの事が出来る様になっています。

ちなみに、
画像 下の持ち手のステッチは、三菱おじさんで試しに縫ったものです。
職業用ミシンでは縫えなかった革も
工業用ミシンでは 革を2枚合わせても楽に縫えました。





さて、この様なパーツを作りまして、
IMG_1153.jpg





先ほど 外した持ち手部分のカシメ穴を隠しました。
IMG_1157.jpg





鞄の入れ口は マグネット留めから ファスナーへ変更です。
IMG_1152.jpg





ガッチリ作って、ストレスフリーの開閉です
IMG_1154.jpg





ご希望のA4ファイルも きちんと収まります
IMG_1156.jpg





こちらは 新しい持ち手用の根革です。
IMG_1158.jpg





持ち手は、以前は鞄のサイドに付けていましたが、
今度は 鞄の胴に付け位置を変更しました。
使い勝手が向上しているかと思います。
IMG_1161.jpg





根革の裏側は 本革で補強
IMG_1159.jpg





持ち手を繋ぎました
IMG_1164.jpg





持ち手は、色々考えました結果、
表革 裏革とも 両面ヘリ返し仕上げの やや巾広の物に致しました。
革が4枚重なる贅沢仕上げです。

固い持ち手が お好み、だそうですが、
なで肩でいらして 持ち手が肩から落ちやすいとの事。

その点を考慮して、
そこそこの固さで 肩に馴染みやすい持ち手に仕上げています。
IMG_1165.jpg


完成品の鞄の仕様変更は、制限が沢山あり、悩みました。
こうしたいが、ミシンの押さえに入らない。
既存の金具が邪魔になってしまう。
なんて具合にね。

でも、長めに お日にちを頂きましたのもあって、
出来ないと諦めていた事も 新しいアイデアが湧いて可能になったり、
とても 良い仕上がり具合になっているかと思います。


本当は鞄全体の画像を BEFORE AFTER 的に ジャジャーンと
ご紹介する予定だったのですが、、、

最近 カメラを新調しまして、
そのカメラに Wi-Fi で撮影データの送信機能が ございまして、
それを使って 画像をパソコンに送ったつもりだったのですが、、、

ちゃんと送信できておりませんでした。
画像データ、どこかへ行ってしまいました。

おかげで、ここ一週間ほどの間に撮影したものが、
たくさん消失してしまいました。
ああ、ちゃんと取説を読もうよ、私!!


そんなこんなで 全体画像は ございませんが、
お気に召して頂けるクオリティーに仕上がっているかと思いますので、
K様、どうぞ ご安心くださいませ。
お手元に届きますまで、しばらくお待ち下さいませ。



画像を無くしてヘコむ私に
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
関連記事
スポンサーサイト



( 2015.05.04 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL