タックトート 2点
 My Auction   CLOSED
Casablanca Handmade shop   OPEN NOW
リバティ ビニコの ご紹介  ← 手持ちのビニコです♪
casablanca.handmade.shop@zpost.plala.or.jp   お気軽にメールください♪


----------------------------------------------------------------------------------------
Hさま
 昨日 頂いたメールに お返事させて頂いているのですが、
 エラーで戻って来てしまいます。
 もし、メール受信の前にブログをご覧になられましたら、
 無地ビニコのご希望を お知らせ頂けます様 お願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------




タックトートを2つ 同時進行中です。
IMG_3213.jpg





黒のパフ
タックのデザインにピッタリなリバティです。
IMG_3217.jpg





デザインの要になっているフラップ風の革パーツ(正式名称は何?)を
今回は2枚重ねにしました。
上の革はヘリ返し、下の革は断ち切りコバ仕上げにしています。

以前に作った 小さい鞄 に お気に召して下さっていますので、
こちらのデザインも お好みに合えば良いなあと思っています。
IMG_3210.jpg
イニシャルは H です。
目立たぬ様、でも しっかりと縫い留めてました。





内布は 明るめの茶色を ご希望でしたので、
パフの模様部分と同色の物に させて頂きました。
きれいに まとまっているかと思います。
IMG_3219.jpg





こちらは ライラックのブルーグリーン
まるでSTOFの様な リバティビニコ
このビニコを見たときから
タックトートを作ろうと心に決めていました。
IMG_3216.jpg





この鞄は ショップ用ですので、イニシャルの代わりに、
アンティーク復刻版のスタンピングパーツを飾りました。
IMG_3211.jpg





今回のタックトートは 型紙も作り方にも 変更を加えています。
変更部分は 小さな事ばかりですが、結構 大きいです。

何 言ってるか分からんって!?
そうでしょうとも。
私も そうですから。



まー、それは さておき、
最も大きな変更部分は フラップ風の革パーツです。
IMG_3218.jpg

上は旧型紙、下は新型紙です。
新しい方は、サイズをぐっと大きくしました。

タックトートは 製作コストが非常に高い鞄なのですが、
それは、このフラップ風パーツの せいなんです!
革の良い部分を 変形で大きーく、2枚も とらねば ならないのです!

若い牛の革なら、タックトート1個で 半裁が1枚なくなります。
成牛の革でも、タックトートを2個作ると もう 殆ど残りません。



フラップ風革パーツには拘りがありまして、
表裏が続いた状態で革を裁断しています。

という事もありまして、タックトート1個で、
普通のフラップの鞄 4個分の 革の良い部分を 消費してしまう訳です。

これは、革を使い切る のと同じな訳で、
この鞄は とても贅沢な鞄なんです。
作っていると 気持ちがアップします。





さて、
タックトートには リバティビニコ以外に 無地のビニコも併用します。
下の鞄では、無地ビニコに 生成り色を使用しています。
IMG_9917-1.jpg

無地ビニコがアピールされている画像を選びましたが、
実際には 無地ビニコの部分は チラリと見える程度です。





その無地ビニコですが、黒のパフには候補が2つ ございます。
左はモカブラウン、右はブラック。
IMG_3222.jpg





モカブラウンは 革色に とても良く合っています。
IMG_3221.jpg





ブラックは引き締まります。
IMG_3220.jpg


さて、どちらがヨロシイでしょう?





悩むわ〜と
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
関連記事
スポンサーサイト



( 2015.02.14 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL