ストフ LILAC と ドイツのビーズ
 My Auction   明日の夜 終了です♪
Casablanca Handmade shop   OPEN NOW
リバティ ビニコの ご紹介  ← 手持ちのビニコです♪
casablanca.handmade.shop@zpost.plala.or.jp   お気軽にメールください♪


オークション出品中のネックレス、
 沢山のアクセスをありがとうございます。
 明日の夜 終了予定です。

ショップに商品を補充いたしました。→ 「ドロップ型ビーズ」
 このビーズ、大人気ですね。
 大目に ご用意しましたので、よろしかったら御覧くださいませ。


----------------------------------------------------------------------------------------


今日 ご紹介する夏に買い過ぎた資材の内の一品は こちらです。
IMG_0549.jpg
ドイツのビーズ、珍しいですね。
なんとなく、濡れそぼった様な 露の様な感じにも見えて、
とてもキレイなビーズです。

このビーズは高い透明度が特徴の樹脂でできているそうです。
画像の様な大粒のビーズも軽く仕上げる事ができて良いですね♪
大粒のピアスも これなら重さを気にせず 作る事ができそう♪

今回は クリアカラーのものを たった6粒しか買いませんでしたが、
キレイで気に入りましたので、また買い足そうと思っています。

また買うんかい!
自分でツッコミを入れておきました。





それから、こんなものも。
アクセサリー用のホルダーです。
IMG_0606.jpg
23本も掛けられるう〜♪

どんだけ作る気かい!
自分でツッコミ。


先程のドイツビーズ、
早速 ネックレスに仕立てて ホルダーに掛けてみました♪

最近お気に入りの スタンピングパーツと合わせて作っています。
次のオークションに出品予定ですので、
また ご覧くださると嬉しいです♪





さてさて、鞄。

「ストフ LILAC」の現在
IMG_0616.jpg

同時進行中の鞄3個は、今まで ほとんど同じ作りでしたが、
この先は、少しずつ細かいところが違ってきます。

LILAC の天マチの留め具は マグネットです。
大きな鞄ですので、
マグネットは大きめサイズで薄型のものを使用しました。

このベロを下に垂らす付け方は 私の好きな方法です。
手を使わなくても、自然に閉じてくれて便利なんです♪

ベロの中には 繰り返し負荷が かかっても傷まない様に、
耐久性の高い 特殊芯材を仕込んでいますので、とても丈夫です。
マグネットのベロは 何度も調節して 長さを決めました。

たかがベロ、されどベロで、小さなパーツも
拘れば色々と工夫できるポイントが見えてくる気がします。


残り2つの鞄の留め具は、
1つがファスナー、もう1つは お任せで でも 多分ファスナー。
今日 これから作りたいと思います。



急に寒くて大変
あったかクリックをポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
関連記事
スポンサーサイト



( 2014.08.28 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

★ルルママさん★

ルルママさん、いつもありがとうございます♪

どんでん返し職人〜〜〜〜〜っ!
そんな職業が!
コメントを拝見して、思わず おおお〜〜〜っと声を上げてしまいました。
私もぜひぜひ 見てみたいです!!!

太って力持ちの女、、、私でもイケルかも!?

夏の疲れ、鞄に出てませんか?
私の顔には しっかり出ておりまする。

( by : casablanca * URL ) ( 08/29 - 16:06 ) ( 編集 )

お久しぶりです!ますます素敵な鞄を作ってらっしゃいますね.息子さんの骨折など大変な中,お疲れと思いますが作品に疲れは全く出てませんねー、すてき!

ところで,全然話は飛ぶんですが、1つ”どんでん返しネタを! かのエル○スには本当にどんでん返し職人がいるそうです。体の大きい太った女の人がヘルメットのような先のついた道具を使ってシワがでないように一気にひっくり返すのですって!ものすごい力持ちらしいです。やっぱりどんでん返しは力技なのですねー、と納得。そのひっくり返す道具というものを一度みてみたいですね。またはその人を引き抜いてくるか!

作品づくりがんばってくださいねえー。ではでは

( by : ルルママ * URL ) ( 08/28 - 18:22 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL