インディゴポルカドットのトートバッグ

今日は 生地の裁断&縫製へ進みます。


こちらは昨日 起こした型紙。
IMG_3825_convert_20090923204918.jpg


型紙を生地に置き換えると、こんな風。
IMG_3828_convert_20090923205001.jpg
少しイメージが伝わりましたかしら???


大小2種類の インディゴポルカドットのポケットが
デザインの主役です。

カジュアルなデザインの鞄を作るのは久しぶり。
インディゴドット、作るのがとても楽しい生地です。
このクラフト感がたまりません♪


ところで、小さいドットの方、
厚手でざっくりした風合いの生地なんですけど、
これが とても縫いにくいんです!

ただ単に、裏を付けて袋縫いしただけの簡単な
ポケットなんですが、真っすぐ縫うだけの事が
なかなか出来ないのです。
ミシン糸は30番、ちょうど良い太さのはずですが
それでも糸が生地に負けてしまう感じ。

手織りの風合いが豊かな生地ほど、
縫製が難しいのかもしれませんね。

取りあえず、この生地用に 8番の極太の糸を
取り寄せてみる事にしました。
20番を飛び越えて いきなり8番。
この太さなら 生地に負けないはず、、、!


今回の鞄、イギリスのアンティークホームスパンを
使う予定でしたが、今回は見送る事にしました。
薄いベージュの とっても素敵なリネンなのですが、
生地が厚すぎて 今回のデザインには不適な感じ。


という訳で、表布用に採用した生地はこちらの面々。
IMG_3827_convert_20090923204949.jpg

左から 順に、、、

 生成りの麻帆布、
 亜麻色のピュアリネンキャンバス、
 ドイツのアンティークリネン、
 こげ茶色のピュアリネンキャンバス、
 インディゴポルカドット 大きい水玉、
 インディゴポルカドット 小さい水玉、以上6種。



内布は、まだ悩んでいます。
現時点では、YUWAの ブルー系 小花模様の
コーデュロイが 第一候補です。

自分のワンピースを作るつもりで買った生地ですが
自分のものって なかなか作らないんですよねえ。

でもワンピにも まだ未練がありますし、
内布は 表布の本体が出来てから決めるつもりです。



   人気ブログランキングへ 
ブログランキングに参加しています。
更新 がんばりたいと思いますので、応援して下さいね!
 (*^_^*)

   [MyAuction]
オークションも ぜひぜひ御覧くださいね~! (^人^)
関連記事
スポンサーサイト



( 2009.09.24 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL