鞄型カードケース 進行状況

おはようございます。
なかなかブログを更新できずに申し訳ありません。
鞄型パスケースの制作の方は少しずつですが進んでいます。



まだ荒裁ちですが、革の切り出しが終わりまして、
革色毎にケースに分けて積み上げました。
IMG_4833_convert_20121128090921.jpg
ちなみに、このケースは最近のお気に入りの100円グッズでございます。





一番 お問い合わせをたくさん頂きましたフェリシテあずきミルクから
作り始めています。
IMG_4834_convert_20121128090943.jpg
最初は革漉きから。
このピンクの革、
大きな鞄に仕立てても芯が不要なくらいの厚みがあるのです。





ですので、縫い代を薄く漉くのではなく、
全体的に薄く ベタ漉きしなければならないのですけど、
これにかなり手こずりました。
これは全部 失敗です。
我ながら本当にへったくそ〜!
IMG_4835_convert_20121128090957.jpg
tamaさんによりますと、
鞄の世界では 革漉き3年、と言われるのだそうです。
つ〜事は アタシ何才になる?





まだまだ半人前なので、失敗の連続です。
革漉き機を使うようになってから 革のなくなり方がすごいのです。
IMG_4836_convert_20121128091007.jpg
大切に大切に使いたいと思っている革なのに、
革漉きを失敗しては どんどん無駄にしてしまって、
精神状態が あまりよろしくなくなってまいりました。





健康な精神の為に、
やむを得ず、アトリエにチョコレートを導入しました。
ああ、これでひと安心だわ。
IMG_4839_convert_20121128091034.jpg
革漉きを失敗してはキ〜〜〜ッとなってはバクバク食べますので、
革よりも こちらの消費がすごい事になりそうです。





こちらは無事に仕上がった革パーツ。
鞄型カードケースひとつにつき革パーツは12枚。
IMG_4837_convert_20121128091021.jpg
鞄型カードケースは小物ですが結構しっかりと作っていますので
革パーツも多めです。

この革パーツのコバ(断面)や 床(裏)の処理を終えましたら、
や〜っと楽しいミシンの時間♪

ここに辿り着くまでが長いですね。
少し前の記事で、一日に何個作れるかしら?と書きましたけど、
ドジでノロマな亀の私では 頑張っても2日で1つが限界のようです。
革を使うとどうしても時間がかかります。





さて、フェリシテあずきミルク、昨夜はここまで進みました。
IMG_4840_convert_20121128091046.jpg
お待たせしてしまっている方々、遅くて本当にごめんなさい。
引続き頑張りまっす。




今日もポチッと
人気ブログランキングへ
お願いします♪
関連記事
スポンサーサイト



( 2012.11.28 ) ( Handmade 制作の記録/鞄以外 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL