ショルダーバッグ 制作中

 My Auction   OPEN NOW
Casablanca Handmade shop   OPEN NOW
casablanca.handmade.shop@zpost.plala.or.jp
お問い合わせは こちらまで


今、新しいショルダーバッグを作っています。
IMG_6270_convert_20130530011032.jpg





型紙は 何度も作り直したりして、
新しい鞄では、これに時間がかかります。
IMG_6277_convert_20130530011057.jpg
ファスナーは少しでも長く使いたい。
でも、デザインとかバランスも考えなきゃ。
と せめぎ合いながら、
ファスナーの口革(正式名称は何?)は 何度も作り直しました。





ミシンで縫う時に邪魔にならない様に、
金具の大きさや、ミシンの押えの巾、ハンドプレスの駒の直径とか、
想像力を働かせて、色々 考えながら作っています。
でないと、後で痛い目にあうから。
IMG_6268_convert_20130530011924.jpg
且つ 御希望のサイズで、且つ 好きなデザインで、且つ 使いやすく、
且つ 出来るだけ作りやすく。
なかなか進まないのは きっと この 且つ が多いから。





作っているのは 革フラップのショルダーバッグです。
IMG_6269_convert_20130530011018.jpg





昨日 やっと表袋と内袋 それと革パーツの型紙が出来ました。
広げると こんなに たくさん。
でも 型紙は これで まだ2/3くらい。
残り1/3の型紙は 作りながら考えます。
IMG_6278_convert_20130530011109.jpg





これが基本の基本の型紙です。
もう これだけで だいたい分かっちゃいますね。
IMG_6279_convert_20130530011120.jpg





革は 同じ色合いのものを2種類 使用します。
右は 軽くシボの入った革、左は 豪華にヌメ革!
どちらも国産の上等品です。
IMG_6271_convert_20130530011045.jpg





厚みのあるしっかりしたヌメ革、これはフラップに。
アメ豚で裏打ちする予定です。
IMG_6281_convert_20130530011143.jpg
ヌメ革の値段は クロムの2〜3倍もします。
な、の、で〜、





ヌメを切り出す時は、いつも荒裁ちなしで いきなりカット。
荒立ちして 切り落としを出すなんて、
もったいない神様と同居してる私には考えられないの。
IMG_6280_convert_20130530011131.jpg





あまり大きくはない鞄なので、軽いクロム革でも良かったのですけど、
クールコーストには 革の風合いが強いヌメの方がピッタリでした。
IMG_6282_convert_20130530011154.jpg
この鞄には、ベースに1.5mm厚の芯を貼っています。
高密度で弾力性も高い芯で、堅牢度もバッチリです。
このベース芯の上に、更に芯を重ねていくので、
最終的には かなりの厚みになります。

昨日は 芯を貼ったリバティに漉きを入れました。
漉かなければキレイに縫えないんです。

革漉き機を買って良かったのが、
以前は諦めていた色んな芯が使える様になった事。
厚い芯を布地の全面に貼れば 強度が増します。
そして、布地の重なる縫い代部分に斜めに漉きを入れれば、
型がキレイに出せる様になります。

三菱おじさん(愛機の厚物専用工業用ミシン)は
なんだって縫ってくれる強者だけど、
漉太郎(ニッピの革漉機)は そのゴツゴツっぽさを和らげてくれます。



さ〜て、ウンチクはこれくらいにして、
今日は革のパーツを作り始めます。

頑張りまっす!




[ パワースイッチ ]
押してくださ〜い♪
人気ブログランキングへ


[ ユンケルボタン ]
飲ませてください
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2013.05.30 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
少しだけマリンぽく

 My Auction   OPEN NOW
Casablanca Handmade shop   OPEN NOW
casablanca.handmade.shop@zpost.plala.or.jp
お問い合わせは こちらまで


引手付きのスライダーとDカンを、
IMG_6287_convert_20130531083818.jpg






えい。
IMG_6289_convert_20130531083829.jpg
あーあ、もったいない。
YKKの引手って、欲しいだけ幾つでも買える訳じゃないんです。
ファスナー本体と スライダーと 引手は、
専門問屋さんで それぞれ個別に買います。
YKKの引手は、
購入するファスナーのメーダー数に応じた数しか買えないのです。





でも、そんな もったいない事をしなくでも、
ちゃんと専用のスライダーもあります。
が、今回は ちょっと太すぎて使えません。
IMG_6290_convert_20130531083840.jpg





で、スライダーには 引手の代わりにDカンを取り付け、
そこに革のパーツを付けました。
革パーツは太めに作りましたので、開閉がラクチンですよ。
IMG_6294_convert_20130531083902.jpg
口革(?)を 出来るだけ大きくとり、
ファスナーの長さは 19.5cm になりました。
このファスナーは、5mmでも長い方が良いと思います。





専属モデルのヴィヴィアンに協力してもらって、
ショルダーストラップの長さを決めました。
今回は 斜め掛け出来る長さで作ります。
IMG_6284_convert_20130531083738.jpg
紫のストールは 黄色の鞄にコーディネートしてる訳じゃございません。
ヴィヴィアンのオフタイムは 私のストール掛けになってるんです。





さて、緊張の革カット。
真新しい半裁革ですので、ドキドキドキドキ。
IMG_6285_convert_20130531090435.jpg
定規を あてているのは 牛の背中部分です。
新しい革で作る鞄は ちょっぴりラッキーです。
革の一番良い部分を使えますので。

もとより、
長いストラップを作る時は、新しい革じゃないと難しいですね。
120cmほどのパーツって、そう簡単には取れません。





ストラップは表裏ともヘリ返しするつもりで、
巾44mmで 2本切り出しました。
本革4枚重ねの贅沢仕様。
IMG_6286_convert_20130531083808.jpg
、、、が、ちょっと固過ぎるかも。
また後で考えます。





こちらは通しマチ部分です。
黄色のクールコーストに合わせて、
鞄の底近くに、ひっそりと小さなチャームを付けました。
鞄を立体に組むと、そんなに目立つ物では ありません。
IMG_6292_convert_20130531083851.jpg
ちょっとだけマリン♪



ちょっとだけ押して♪
人気ブログランキングへ

ちょっとだけポチ♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2013.05.31 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )