内袋を作りました。
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

試行錯誤中の軽量型A4トート、昨日は内袋を作りました。

生地は いつものレーヨンシャンタン。
この生地、軽くて丈夫、それにプロっぽい仕上がりにもなり、
もう手放せないくらいの お気に入りです。

軽量型トートですから、内袋も当然 軽量重視にしなきゃなりません。

ですが、
マダムはポケットが お好きでいらっしゃいますよね?
色んな金目の物、たくさん持ち歩きなさいますものね?

ですので、内袋は こんな風に仕上がりました。



まず、正面側には ノーマルな平型のポケットを2室。
IMG_5609_convert_20130302041916.jpg





背面には、22cmのファスナーポケット。
IMG_5605_convert_20130302041802.jpg





ここは マチをタップリとって 長財布も入るようにしました。
IMG_5606_convert_20130302041821.jpg





側面には、深さのある平ポケット & ペンポケット。
IMG_5608_convert_20130302041858.jpg
置いているのは文庫本、ペンポケットには2〜3本 入ります。





もう片方の側面には、たたみマチ付きの縦型ポケットを2室。
IMG_5607_convert_20130302041833.jpg





内ポケットは全部で7室、よく考えて作りました。
どの内ポケットも 出し入れして頂きやすいように、
A4ファイルを入れても ポケットが邪魔にならないように。
IMG_5610_convert_20130302041927.jpg
軽量化のポイントは いくつかあります。

まず、生地をたくさん使うポケットを一重仕立てにした事。
張りと厚みのあるメーカーのシャンタンを使用していますので、
一重でも強度に問題はありません。
また、要所要所に補強の芯も入れています。

それから、
内袋の底部分には いつもクッション性の高い芯を入れていますが、
今回は そのクッション材を軽めのものに変えました。

ファスナーポケットには 軽いコイルファスナーを使用しています。





と、そんな風に頑張って、内袋は 100g でした。
(画像が 104になってますが間違いです。実際は 100gジャストです。)
IMG_5611_convert_20130302041939.jpg
内袋 100g。
いかがでしょう、軽い? 重い?

ポケットの数を減らして、半分以下の重量にする事もできますが、
そう、軽くできることは できるのですが、、、

でも、ポケットが好きなんですもん。
金目の物も好きですし。





それから、鞄口のフラップも作りました。
巾広の大きなフラップです。
IMG_5612_convert_20130302041952.jpg
マグネットボタンは薄型の物を使用していますし、
メインの芯も限りなく0gに近い軽いもの。
ですが、それでも 37g 。
内袋 100g に比べると、これは ちょっと重いなあ。





マグネットボタンを取付けている クッと立ち上がった部分、
ここは頻繁に負荷のかかる部分ですので、拘りの芯材を入れています。
IMG_5613_convert_20130302042003.jpg
しっかり固めで、折れたり曲がったりしない芯。
でも柔軟性も 耐久性もあって、この部分に使用するには最適な芯。

ですが、この芯は重いのです。
クオリティを犠牲にしても 別のもっと軽い芯に変更するかどうか、
悩むところですね。
変えたところで僅か数グラム。
でも、鞄の重さって、この僅かな重さの積み重ねでもあるんですよね。



さて、
長く続けている軽量型A4トートも、
残すところは 鞄口の始末と、持ち手のみとなり、

私には段々と先が見えてまいりました。

言いたくなかったけど、この鞄、そんなに軽くはなりません。
うっうっうっ。
重くはありませんけど、でも格別 軽くもなりません。
おーん おーん。


今までは「軽量型A4トート」と呼んでおりましたが、
本日より「軽量気味A4トート」と改名したいと思います。




軽量気味トート
ポチッと応援して下さい。
人気ブログランキングへ


コチラもポチッとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


スポンサーサイト

( 2013.03.02 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
軽量気味A4トート 仕上げに入りました。

この頃 アトリエでは
眉間に皺を寄せて キッチンスケールを睨む日が続いています。


昨日は ちょっと気分を変えて キーホルダーを作ってみました。
IMG_5615_convert_20130303073124.jpg





ジェニーズリボンズにリボンのチャーム
古くなった乙女心が踊りますね。
IMG_5616_convert_20130303073140.jpg





このキーホルダー用に 小さな革パーツも作りました。
小さくても 内側には業務用のしっかりとした補強テープを入れてます。
IMG_5629_convert_20130303073347.jpg





キーホルダーと革パーツは 鞄の内側に取付けます。
画像は まだ仮留めの状態です。
IMG_5631_convert_20130303073250.jpg





こちらは 鞄の入れ口に使用する革。
軽量型トート用に仕入れた革で、厚さ0.8〜1.0mm程の薄い革です。
その革の更に 薄めの柔らかめの部位を取っていますので、
手漉きだと これ以上 漉くのは無理。
かつての革尾 漉太郎でも無理。
IMG_5617_convert_20130303073155.jpg





でも ご覧遊ばせ、この見事な漉き具合をば
IMG_5618_convert_20130303073208.jpg
愛しのミシン屋さんの整備の賜物です。
これが革尾 漉太郎の実力だったのね。





キレイに漉けたのはいいけれど、あ〜あ と溜め息が出そうな 54g 。
この4枚の革、巾が7.5cmもある大きめサイズなのです。
IMG_5628_convert_20130303073224.jpg
最初は 巾6cmで用意していて、もっと軽かったのですけど、
デザイン重視にして、昨日の夜 裁断し直しました。
巾広の方が可愛いし、縫製もラクなのです。





上口は 工業用ミシンの腕吉の仕事です。
IMG_5632_convert_20130303073418.jpg
革は2枚しか重なっていませんが、芯が縫いにくいのか、
厚物ミシン専用の工業用針19号でも まるで縫えず、20号では目飛びし、
結局 21号まで針を上げて縫いました。

奥に写っている足から 緊張のオーラが漂っているの お分かり頂けます?





革の下の方に ステッチを2本いれて、ようやく緊張から解放。
上にもステッチを あと2本、とも考えましたが、今回は危険回避。
IMG_5636_convert_20130303073446.jpg
特に変わったデザインではないのに、この鞄 とても可愛いです。





とっても気に入っています。
IMG_5637_convert_20130303073500.jpg





使い勝手も とても良いものになっているかと思います。
IMG_5638_convert_20130303073536.jpg





大きなフラップで 鞄の内側は大方カバーする事ができ、
でも フラップを閉じたままでも 4ポケットは出し入れ可能。
ああっ、こりゃ もっ サイコーッ。
IMG_5639_convert_20130303073550.jpg





体重 以外はね。
IMG_5635_convert_20130303073433.jpg




軽量気味トート 間もなく完成です。
ポチッと応援してね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2013.03.03 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
丸いリングで持ち手作り
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)


軽量気味のA4トート、
本体は仕上がりましたので、最後は持ち手作りです。

今回は 丸い平型のリングを使う事にしました。
IMG_5640_convert_20130304084932.jpg





国産のダイカストの平リングに 硬い厚手の本革で しっかり仕上げ。
IMG_5641_convert_20130304084946.jpg





だ、だからね、この重量。
とほほほほ。
IMG_5642_convert_20130304085108.jpg
2本の持ち手を取付けるのに、カシメだって16個も使うんです。
画像のカシメは 足長さ14.5mmの厚物用ですが、
それでも 鞄本体へ取付ける部分には 足の長さが足りず、
結局4個は 足長さ18mmのものに変更しました。
18mmって、もう ほとんど釘よ。





こちらは、持ち手の試作です。
色んな厚さの革や芯で試し縫いしてます。
IMG_5643_convert_20130304085008.jpg




革は この2枚を使用する事にしました。
IMG_5644_convert_20130304085019.jpg
広げているキャメルの革は 鞄本体に使用しているもの。
巻いているブラウンの革は 軽量トート用に購入した真新しい牛の半裁。
このブラウンの革、とっても軽いのですよ。

せめて持ち手くらいは軽く仕上げたいので、
裏には この革を使う事にしました。





そして 縫い上がったのが こちら。
IMG_5645_convert_20130304085036.jpg
気持ち良くもちっとして しっかり♪
革は3枚重ね、中には上質の芯を入れています。





今日は 持ち手のエンド部分の処理をして、
それから 鞄本体に繋いだら、、、
IMG_5646_convert_20130304085048.jpg
繋いだら?
そしたら や〜っと完成です。




ラストスパート
ポチッと応援して下さい♪
人気ブログランキングへ

コチラもポチッとね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ


( 2013.03.04 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
軽量気味A4トート 完成♪

軽量気味A4トート、完成いたしました
こだわりの自信作です。


正面
IMG_5647_convert_20130305090040.jpg





背面
IMG_5649_convert_20130305090111.jpg





側面
IMG_5650_convert_20130305090125.jpg





持ち手の付け根は リングのカーブに合わせてカットしました。
ニッポンゴ、ベリベリ ディフィカルト なので省略しますが、
快適にお使い頂けるようになったかと思います。
IMG_5651_convert_20130305090137.jpg





一般的なA4ファイルですと 数冊 入れてギリギリ、
もっと大きなA4リングファイルですと、
1冊 入れてギリギリ フラップの閉まるサイズです。
IMG_5658_convert_20130305090314.jpg





フラップを閉じなくても お使い頂けると思います。
IMG_5663_convert_20130305091017.jpg





どこも しっかり作っています。
IMG_5661_convert_20130305090336.jpg





正面のオープンポケット、文庫本を入れてみました。
留め具がなくても 気持ち良くお使い頂けます。
IMG_5652_convert_20130305090208.jpg





背面のファスナーポケット
ポケット袋にマチをつけ、見た目より物が入るようにしました。
IMG_5653_convert_20130305090220.jpg





両側面の立体ポケット、携帯 デジカメなどに良いサイズです。
IMG_5654_convert_20130305090232.jpg





内袋のファスナーポケットは大きめサイズです。
ギリギリですが、二つ折のお財布も入りました。
IMG_5657_convert_20130305090303.jpg





ペンポケットは取り出しやすい位置に。
IMG_5656_convert_20130305090243.jpg





鞄内部には キーホルダーも下げられます。
IMG_5660_convert_20130305090325.jpg





とても高級感のある仕上がりになりました。
そして、とても使いやすくて、
ワタクシ的には最近のベストな お気に入り鞄です。
安定感があり、お車でも便利です。

本当は もっと軽くてカジュアルな鞄をイメージしていたのですけど、
でも結果は まるで路線の異なる物になってしまいました。

内袋を仕上げて表袋と合体させるあたりで道を踏み外しました。
仕上げに 20号針や18mm足のカシメを使ってしまってるんですもん。
普通は あまり使われないサイズです。





完成品の重さは 725g 。
重くはないけど 軽くもない。
でも、軽量気味とも もう呼びにくい微妙な重さ。
IMG_5662_convert_20130305090347.jpg
さーて、これから いっぱい言い訳 書きますわよ。

あっ、そこのマダムッ、ページ閉じちゃダメッ。
言い訳 聞いて。



と、とにかくね、しっかりちゃんと作っています。
革漉き機とか 業務用の素材を駆使して作っていますので、
同じ様なレベルの鞄を普通に作るのよりは軽く出来ているんです。
ほ、本当ですよ。

ポケットだってね、全部で11個もあるんですよ。
革だってね、たっくさん使ってるんです。
外見もキチント感があって、安っぽくは見えないと思いますよ。

なので、見た目は もっと重たい感じですですけど、
でも、実際に鞄を持ち上げると、ひょいっと軽いんです。
ね、ここんとこ、大事でしょ。



軽くするだけで良いなら私にも出来るんです。
でも そうするには デザインとか耐久性とか、
何かしら諦めなきゃならないんです。

今回の鞄は 諦めるところは諦めるつもりだったんですけども、
結局 やりたい事は全部やってしまいました。

それで 結果 725g 。



、、、で、最後にトドメをさします。

これから革に 保護クリームを塗りますので、
あと 10g くらい重くなります。

で、でもね、
ほら、マダムの顔面だって、美容液は欠かせないでしょっ。
塗らないとヤバイでしょっ。




ポチッとトドメさして下さい。
人気ブログランキングへ


こちらもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2013.03.05 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
須田帆布さん

昨日は須田帆布さんのバッグ展に行って来ました。
IMG_5672_convert_20130306232505.jpg





東急ハンズなどで昔から全国展開されている丈夫な帆布バッグ、
御存知の方は とても多いと思います。
私も ずっと昔から須田帆布さんの大ファンです。
IMG_5674_convert_20130306232518.jpg
須田さんは とってもビッグな方なのに とっても気さくな方で、
私なんか相手に 色んなお話しをしてくださるんです。
鞄作りで とてもお世話になっています。
須田帆布さんの鞄も大好きですが、須田さんご本人も大好きです♪

須田さんとお会いするのは これで2回目。
初めてお会いした時から鞄作りの話に花が咲き、
何時間もおしゃべりさせて頂いて、
昨日も また たっぷり 鞄作りや色々な おしゃべりをさせて頂きました。
また次にお会いする約束もして、あ〜楽しかったです♪





そんなこんなで、鞄作りのテンションがUPしました。
ドコドコ鞄を作りたい〜!

次は、大のお気に入りにはなった 軽量気味A4トートを
数作 続けて作ってみようと思います。
リバティと革を色々 取り出しては どれにしようか悩み中。

黒のストロベリーシーフと 深い紫のカーフの革。
この組み合わせはベストな気がします。
IMG_5664_convert_20130306232317.jpg





紫のガーデンと それにピッタリな紫の革。
この組み合わせもステキ。
IMG_5667_convert_20130306232331.jpg





黒のヨシエと ミルクチョコ色の革でも作りたいですし。
IMG_5668_convert_20130306232344.jpg





ピンクのザンジーサンビームと キャメルの革も良さそう。
IMG_5669_convert_20130306232355.jpg





Yukaさんから頂いたチェリーブロッサムとピンクの革の組み合わせは
もう最高にステキです。
IMG_5670_convert_20130306232408.jpg


この他にも、まだ手付かずの生地がいっぱいで、
楽しく迷って困ってます。

さて、どれに しましょう?





ココは迷わずポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラも迷わずに♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2013.03.07 ) ( Handmade その他 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
地味に革パーツ

おはようございます。

ここ数日、革パーツ作りに専念しておりました。
作業が地味過ぎて、ブログネタがございません。
IMG_5678_convert_20130311080336.jpg
鞄一つにつき、革パーツは15種26枚。
裁断、コバと床の処理、必要な部分にステッチ。
という地味で時間ばかりかかる作業が続いています。

でも あともう少し。
地味〜に頑張りたいと思います。



地味作業
ポチッと応援してね。
人気ブログランキングへ


コチラもね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2013.03.11 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
軽量型 A4トート 新たに4つ

先日 リバティ ビニコ ジェニーズリボンズ/あずきミルク色で作った
軽量型A4トートと ほぼ同じ型で、新たに4点 制作中です。

この鞄は とにかく使い勝手が良くて、カジュアル過ぎない雰囲気で、
私はとても気に入っています。

下のリバティ画像は 鞄正面のタックポケット部分、
右に乗せているのは 持ち手です。



ザンジーサンビーム/ピンク & キャメルの本革
IMG_5682_convert_20130312074131.jpg
少し前にC&Sさんで販売されたリバティですが、
すっっっごく可愛い生地です!





ガーデン/紫 & 紫の本革
IMG_5681_convert_20130312074118.jpg
人気のガーデンは 紫を見かける事が少なくなってきましたので、
ケチケチ大事に使っています。





ヨシエ/黒 & 茶色の本革
IMG_5679_convert_20130312074053.jpg
ヨシエのブラックは初めて使います。
大人可愛いという表現がピッタリのリバティです。
見れば見るほど好きになる生地で、
その内 自分の鞄も作りたいと思っています。





ヨシエには軽量タイプの本革を使用しています。
IMG_5590_convert_20130227101747.jpg






ストロベリーシーフ/ブラックパープル & 深い紫の革
IMG_5680_convert_20130312074106.jpg
これも大大大好きなリバティ。
見れば見るほど癖になる生地。
この鞄は超オススメ品になるかと思います。





と申しますのは、カーフを使用しているから。
カーフは牛革の中で最高級素材です。
IMG_5666_convert_20130311080426.jpg
以前に 革問屋で 良い紫色のカーフを見つけ、
清水の、、、いえ スカイツリーの、、、あ ちょっと大袈裟ね。
家の3階の窓から飛び降りて 全裁(牛一頭分)を2枚 購入しました。





ストロベリーシーフには、
このカーフの全裁を ほぼ1枚 使用しています。
IMG_5676_convert_20130311080306.jpg
コストが高くなり過ぎるので、鞄に使用するのはためらいましたが、
ストロベリーシーフにピッタリの革色で、えいっと思い切りました。
最初のひと裁ち、ドキドキでした。





で、切り落としたのは たったコレっぽっち。
私って節約の天才ね。
IMG_5677_convert_20130311080323.jpg
高い革ですので 慎重に慎重に裁断しました。
カーフは薄めの革ですので、鞄として強度が劣らない様、
補強を加えながら制作しています。





今回の4作も全て、国産金具、国産本革、業務用芯材を使用し、
専用の工業用ミシン、糸は ビニモの20番&8番と、
出来るだけしっかりと、本格的に作っていきたいと思います。

ちなみに4点の内、
ザンジーサンビームとガーデンの2つは ツヤありタイプのビニコ、
ヨシエとストロベリーシーフの2つは マットタイプのビニコです。

ツヤありのビニコが キレイに出来るかどうかが ちょっと不安。
ミシンの入りにくい部分があり、
そこは ポストミシンでなければ 縫うのが窮屈なんです。
ミシン屋さんとYukaさんと、
縫い方を あーでもない こーでもないと、相談させて頂きましたが、
やっぱり力ずくで 腕ミシンで頑張って縫うしかなさそうです。
失敗しませんように。




失敗しませんようにと
ポチッとね♪
人気ブログランキングへ

コチラもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2013.03.12 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
軽量型 A4トート 4つ進行中

軽量型A4トート、4つ同時進行中です。

こちらは鞄正面のタックポケット。
とても使い勝手の良いポケットです。
IMG_5687_convert_20130315084937.jpg




こちらは背面のファスナーポケット。
1作目のジェニーズリボンズより、ファスナーを少しだけ長く、
ポケットの袋巾を少しだけ狭く変更しました。
IMG_5685_convert_20130315084926.jpg





こちらは鞄の両側面に付ける立体ポケット。
昨日 8つ頑張りました。
おかげさまで腕がヘロヘロ。
IMG_5684_convert_20130315084914.jpg





この辺りの作業、楽しいです♪
ダダダダーッと ミシン ミシン ミシン♪





さて、あまり楽しくはない 内袋は あとファスナーポケットを作るだけ、
革パーツの方も 仕上げが残っているだけで あと少しで終わります。
IMG_5689_convert_20130315084958.jpg
そんな作業も進めつつ、これから鞄を立体に組み上げていきます。

この鞄、とっても気に入っています。
もしツヤありビニコが キレイに縫えましたら、
定番化したいなあと考えています。

ツヤありビニコ、キレイに縫えますように!!




頑張れのひとポチ
お願いします♪
人気ブログランキングへ

こちらもね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2013.03.15 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
燃え尽きて完成

燃え尽きて完成、ではなく、
正しくは、完成して燃え尽きました。



この辺りまでは 制作過程も写真に撮っておりましたが、
IMG_5696_convert_20130320233740.jpg





制作に集中して、ブログもサボってしまいました。
IMG_5699_convert_20130320233822.jpg





では、仕上げたばかりの鞄 4点、御覧くださいませ。
IMG_5700_convert_20130320233841.jpg


IMG_5701_convert_20130320233854.jpg


IMG_5702_convert_20130320233906.jpg


IMG_5703_convert_20130320233919.jpg


IMG_5704_convert_20130320233931.jpg


IMG_5705_convert_20130320233943.jpg





IMG_5706_convert_20130320233954.jpg





この鞄の名前は「まいにちトート」にします。
毎日 使いたくなってしまう様な 使い勝手の良い鞄。

気軽に持ちやすいけれど、
きちんとした印象の強い鞄に仕上がっているかと思います。

どーこもかしこも、何もかも、心底こだわって作った力作です。
普通のデザインのトートバッグですので、
力作っぽい感じが薄いかもしれませんが、、、
とにかく力作なんです。
燃え尽きておりますので、もう ニホンゴ ディフィカルト。

アピールしたいポイントは色々あるのですけど、
今はダメ。
気力切れ。

とにかくの力作で、
スタンダードにしたいくらい気に入っております。





心配していたツヤ有りタイプのビニコですが、
これも形にする事ができました。
IMG_5715_convert_20130320234227.jpg


IMG_5718_convert_20130320234259.jpg


IMG_5717_convert_20130320234321.jpg
こちらのガーデンと ザンジーサンビームの2点が ツヤ有りビニコです。





ところで、一作目のジェニーズリボンズ(画像 左)では、
A4ファイルが入る事に重点を置いておりました。
当たり前です。
軽量型A4トート なんですから。
でも、新しい4作では少し路線を変更いたしました。


新作(画像 右)では フラップをサイズダウンしましたので、
A4ファイルを入れると フラップのマグネットは閉じられません。
マグネットボタンは留めずに入れて頂く事になります。
IMG_5708_convert_20130320234039.jpg




それから、細かいデザインの変更ですが、
両サイドの立体ポケットは フラップを大きくしました。
IMG_5709_convert_20130320234111.jpg





天をまとめている革のステッチは 2本から1本に。
IMG_5710_convert_20130320234124.jpg





正面左には 小さなDカンを追加しました。
IMG_5707_convert_20130320234007.jpg





内袋のファスナーポケットは、
タックの本数を増やし、容量をアップしています。
IMG_5711_convert_20130320234142.jpg





では、専属モデルのヴィヴィアンに鞄を持ってもらいましょう。
IMG_5713_convert_20130320234158.jpg
ど〜お? ヴィヴィアン? 鞄を肩に掛けた感想は?

オ〜ウ! ワンダフォ〜!
軽くてシッカリ ベリベリ イイ感じ!
内ポケットのファスナーも 片手でカンタンに開け閉めOKネ!


まあ、ヴィヴィアンったら♪
素直で正直な娘だこと♪
片手どころか、両腕ないけども。





ヴィヴィアンの向こうには、ゴツゴツしたマシンが並んでおりますが、
これらの工業用のマシンを駆使して作りました。
IMG_5714_convert_20130320234212.jpg
今回は 芯も革漉機で漉かなければならないものを使用していますし、
芯も革も 厚物用工業用ミシンでなければ縫えないものです。

内袋の一部のみ 職業用ミシンとスパン糸を使いましたが、
それ以外は全て工業用ミシンとビニモで縫っています。

金具は全て国産品ですし、
表から見えない部分の その他の資材も、全て業務用プロ用です。
業務用プロ用じゃないのは 私本人だけ。





まいにちトート、できれば生地オーダーをお受けしたいのです。
が、それには時間がかかり過ぎて 適さないのではないかと感じてます。
IMG_5720_convert_20130320234341.jpg
ひとまず、型紙を整理して よ〜く考えたいと思います。

長々とお読み頂きありがとうございました。



完成おつかれボタン
ポチッとお願いします♪
人気ブログランキングへ


コチラもポチッとね♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ



( 2013.03.21 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
LOVE C&Sさん

おはようございます。
学校が春休みになり、
ドラ息子どものハラヘッタビームに息も絶え絶えのCasablancaです。
床の間の掛け軸には 筆書きの「給食」の2文字を飾りたい気分です。



愚痴はさておきまして、
ちょっと嬉しい事がありました。

2日程前に届いた宅急便。
IMG_5723_convert_20130325100023.jpg
もちろん品物も嬉しいけれど、
もっと嬉しかったのが この段ボール。





段ボールをクローズアップ。
IMG_5724_convert_20130325100036.jpg
C&Sさん からでした♪





中には 丁寧に筒に巻かれたリバティ ビニコが入ってました。
う、う、う、嬉しい♪♪♪
IMG_5725_convert_20130325100047.jpg
今までC&Sさんのビニコは たたまれて封筒で届けられていたのです。
ですので、折れ皺がついてしまっていて大変だったのです。
普通の布地と違って、ビニコにアイロンは難しいですから。

ツヤ有りタイプのビニコを大目に購入したりすると、本当に大変で、
袋から取り出す時は、一昨年の夏の浮き輪を破かないように そっと、
でもバリバリーッと広げる様な状態でした。

でも もう これからは筒で届けて頂けるのですね!
これで安心して用尺も大目に買う事ができます。
C&Sさんのカラーは本当にステキな物が多いんですもの。
エル・オー・ブイ・イー C&Sさん

今回 届いたのは、
ウィルトシャーの紫と、フェリシテの あずきミルクでした。
予約してから到着までに 少し日数がかかるので、
何を注文したか忘れてしまっています。
到着時は いつも 何が入ってるのかな〜?と ワクワクです。



ところで、
先日 仕上げたまいにちトートですが、
今回は、FC2のカートを利用して、ショップ販売する事に致しました。

カートの設置は終了し、只今 PayPal の手続き中です。
これに あと2〜3日かかりそうです。

無事にショップオープン出来ましたら見にきてくださいね。



ハラヘッタビーム
ブロックボタン
人気ブログランキングへ
押してっ!


ハラヘッタビ〜ムッ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ
ぎゃ〜っ 押して押して〜っ!



( 2013.03.25 ) ( Handmade 材料 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )