秋の新作 型紙作り
[ MyAuction ] ← 今夜 終了です。よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

秋の新作バッグ、型紙作りが ようやく終わりました。
IMG_4444_convert_20121001054952.jpg
型紙は いつも、最初は薄手の白紙で作り、
それを基本にして、グレーの厚紙に展開していく方法で作っています。
ちなみに 白紙は大型のカレンダー、グレー紙はチケン紙です。





単純な形の鞄でも 型紙の枚数は意外に多くて、
混乱しない為に、文字色で型紙の種類を分けています。
IMG_4445_convert_20121001055004.jpg
この青文字は 芯材専用。






黒文字は表地&芯材 併用。
IMG_4446_convert_20121001055016.jpg





ピンクの文字は革専用。
IMG_4447_convert_20121001055028.jpg





緑の文字は内袋専用。
IMG_4448_convert_20121001055042.jpg
作り方は 人それぞれだと思いますけど、
私の場合は 面倒でも小さなパーツまで型紙を作ってしまった方が、
結局は効率が上がります。

今回の型紙総数は 38枚でした、と書いたところで、
あと2枚 取り忘れに気が付きまして、総数は40枚。
どんな鞄も、だいたいはこの程度の枚数です。





取り忘れた2枚は ほっぽり出して、取りあえずは表の胴を2枚。
IMG_4449_convert_20121001055057.jpg
画像では ペロンと2枚ポッキリにしか見えませんが、
裏返すと 色々な種類の芯が幾重にも重なっています。
どれも必要な芯ばかり。

そもそも、布地をカッチリバッグに仕立てたい、という事自体に
無理がありますので、どうしても芯は必須アイテムです。
布地と芯の相性とか、重ねていく芯の順番や種類とか、
よ〜く考えながら貼っています。

でも そのわりに、作り終えたら全部 忘れてしまいます。
だから毎回 最初から考える羽目になります。

メモをとれ、メモを!
と いつも鞄作りの神様の声が聞こえてくるのですが、
ハサミやカッターを手にしている時にメモを取るのが面倒で。



それにしても、今日の記事は とっても地味ですね。
鞄作りって、地味な作業の連続なんです。
派手に目を引く花の部分は、
生地にレースやなんかの飾りを付けたり、パーツを組み上げたり、
そんなところだけでしょうか。

これから先も、しばらく地味〜な茎ばかりが続きます。
ですので、ブログネタを探すのも一苦労で。



ここも地味ですね。
人気ブログランキングへ
でも ポチッとね♪


スポンサーサイト

( 2012.10.01 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
工業用ミシン 中押さえの調整

(こちらのは 2011年5月1日の記事を再度アップしたものです。
 本日 2012年10月1日付けの記事は、この下にあります。)


[MyAuction] オークションはこちら。ぜひ覗いてみて下さいね。 (^人^)

少し前の事ですが、
愛機 三菱工業用ミシンDY-359 の
ちょっと気になる部分の調整を致しました。

こんな話、興味のないマダムが ほとんどだと思いますが、
レアなユーザーさんと 自分自身の為に
工業用ミシンに付いては何かある度に
ブログに記録しておこうと思っています。


では この画像、どこがおかしいか分かる人、手を上げて~。
IMG_9648_convert_20110306231839.jpg
はい、では そちらの花柄好きのマダム どうぞ。

はい?
ミシンが傷だらけで小汚い?

し、仕方ないでしょ。
中古なんだから。
もういいから、マダムは黙ってて下さい。

そんなんではなく、針の落ちる位置が ちょっとずれているんです。
中押さえの 丸い針穴の中心から 少し手前に針が落ちているの、
お分かりになります?

でも、針と 針板の針穴そのものは 合っていますので、
症状としては、
「針の軸は正常で、中押さえがずれている」事になります。



では さっそく、ミシンヘッドの左側のカバーを開き、
中押さえの調整をする事に致します。
IMG_9638_convert_20110306231743.jpg



と、簡単に申しておりますが、
工業用ミシンは カバーひとつ開くのも大変です。
IMG_9641_convert_20110306231803.jpg
ここを開くのに これだけのビスを外さねばなりません。
初めてだったので、これだけで30分経過。



余談ですが、このカバー、ミシン屋さんの手作りなんです。
IMG_9639_convert_20110306231753.jpg
私のレトロミシンに合わせて、雰囲気ピッタリに作ってくれました。
職人技ですね~。



さて、ミシンの中。
IMG_9642_convert_20110306231814.jpg
ドライバーの先にある 長いコイル状の物、
ミシンヘッドを縦に貫いているのが 針棒、ミシンの要となる部分です。
この針棒の下の方に、中押さえを留めているネジ(No.294)があります。
このネジを緩め、中押さえを正しい位置に戻してから
ネジを締め直したら調整完了です。

正しい位置とは、
針の針穴が 針板に少し刺さった時点で、
中押さえの針穴の中心に 針が通っている位置です。

、、、文章で説明すると ぐちゃぐちゃですな。



ミシンヘッドにカバーを付け、元の状態に戻し 運転してみますと、
IMG_9643_convert_20110306231826.jpg
どんぴしゃり!

針は 中押さえの針穴と 針板の針穴のど真ん中を通りました。
これで 気持ち良くピシャリと縫う事が出来ますね。
めでたし、めでたし。



はい?
そこの 手を上げていらっしゃるピンク好きのマダム、どうぞ。

なに?
こだわるわりには、C教授の鞄のここんとこの この縫目、
もうちょっと なんとかしたらいかがでしょう。
ですと?

ちょっ、ちょっと、マダムは黙っててくれますっ!?


え~、そんな手厳しい御意見はさておきまして、

私なりのアドバイスですが、
工業用ミシンの検討には、
ミシンの機種よりも まずは ミシン屋さんの選択が重要です。
工業用ミシンは、有能な技術者さんあってこそ、
そのミシンの能力を充分に発揮できるものだと思います。

私は失敗を繰り返し、骨身に沁みています。
家庭用ミシンも 工業用ミシンも両方扱っているミシン屋さんではなく、
工業用ミシン専門のお店。
全然 まるでもう全く違いますよ。
どちらが良いと言うのではなく、
一般のミシン店と工業用ミシン専門店は 別の職種に思います。

私がお世話になっているのは 都内にある 特殊工業用ミシン専門店です。
とっても素晴らしいお店で、
そちらの方面へは足を向けて寝られないほどでございます。

今年の2月に、
ある鞄メーカーの デザイナー&社長さんとお会いする機会があり、
その方に 紹介して頂いたミシン店です。

デザイナーでもあり社長でもあるその方は 私の憧れの方。
かなりの大物でいらっしゃるその方に、
初対面でいきなり、ミシン屋紹介してくれとお願い致しました。
ああ、私、年くって面の皮がぶ厚くなってて良かったなと感じてます。

もし、本気で工業用ミシンを検討されていて、
ミシン店でお困りの方がいらっしゃいましたら、
よろしければ こちらのミシン店をご紹介いたしますので、
鍵コメにて御連絡下さいませ。

その際には、
お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス をお知らせ下さい。
私の方から ミシン店に連絡させて頂きましてから、
頂いた個人情報は責任を持って 鍵コメごと削除させて頂きますね。

こちらは 特殊ミシン 工業用ミシン専門店ですので、
職業用ミシンの扱いはありません。
また 都内のお店で、地域的な限界もあるかと思います。

以上の事をふまえて頂いた上で、御連絡下さいませ。
ミシン屋さんにご迷惑をおかけする様な事があってはなりませんので、
面倒な手順をふみ申し訳ありません。
良いミシン屋さんに出会えなくて困っていると聞く事がありますので、
あえてブログに書かせて頂きました。

本当に、いいミシン屋さんなんですよ~。
だったら もっと鞄作りの腕もあげなさいよ~って、
あ、また マダムの手厳しい御意見ですかな。


手厳しくしないで
人気ブログランキングへ



( 2012.10.01 ) ( Handmade ミシン ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
秋の鞄 制作中
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

先日のオークションは たくさんの方に御覧いただきまして
心よりありがとうございました。
ヨメにいき遅れているムスメが2人おりますので、
よろしかったら御覧くださいませ。
どちらも気は優しくて力持ち、で ベッピンです。



さて、新しい鞄、なかなか思う様に進んでおりません。
やっと革の荒裁ちを終えたところ。
IMG_4453_convert_20121005084044.jpg
今回の鞄は 新しい試みを加えたデザインにするつもりです。
が、ちょっと難しい。

革を扱っている内に 必要な資材も色々と分かって来て、
今朝方 問屋に注文のFAXを送ったばかり。
ですので、
縫い始めるまでに済ませなければならない下処理が終わらず、
なかなか前へ進めないでいます。





今回の鞄は5つ。
IMG_4454_convert_20121005084056.jpg
全てダークブラウンの革にする予定でしたが、
1つだけカラーレザーの鞄も作る事にしました。
こっくりと深みのあるピンクの革です。





あまり鞄ネタがありませんので、話題を変えまして、

これは中1の長男が初めて自分で作ったお弁当。
朝5時に起きて 頑張りました。
私は手を出さず、口だけ出しての現場監督。
IMG_4452_convert_20121005084030.jpg
もちろん長男自身のお弁当です。
私は怖くて食べられません。




資材が早く届きますよーに!
人気ブログランキングへ
と、ポチッとね♪



( 2012.10.05 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
身も心もボロボロに
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

最近 つき合い始めた男に ちょっと手こずってます。
IMG_4458_convert_20121006221604.jpg
革尾 漉太郎という名の、タフで頼りになる 私好みの男です。

この男、飴と鞭の使い分けが非常に上手く、
ウブな私は翻弄されてばかり。





上手くいってる時は それなりに楽しいのですが、
IMG_4455_convert_20121006221522.jpg





そうじゃない時は、
身も心も、あ、いえ、革がボロボロに、
お安くはない革なので、女心はズタズタに。
IMG_4456_convert_20121006221538.jpg
今回は 革を薄く薄くベタ漉きして欲しいのに、
アイツったら ちっとも言う事きいてくれなくて。
あと少し、というところで裏切られちゃう。

なかなか上手くいかなくて、
私の心にポッカリ穴、、、いえ 革は穴だらけ。





心の乱れが反影してか、生活は乱れ気味で 部屋も汚れ気味。
IMG_4457_convert_20121006221552.jpg
この男とは、ちょっと つき合っただけで この有様です。

おかげで鞄作りが ちっとも前に進みません。
誰か、ヘルプ ミー。



あ、助けてくれる?
人気ブログランキングへ
ポチッとね♪



( 2012.10.06 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
ミシン糸の棚作り
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

朝食の後、やおら DIYを始めてしまいました。
IMG_4459_convert_20121009214122.jpg





整理しても整理しても増え続けてしまうコイツ達、
ミシン糸の棚を作りたくなってしまったのです。
IMG_4460_convert_20121009214202.jpg
前にも ミシン糸の専用棚は作った事がありますが、
それは今 ドラ息子の部屋で使用しています。
その後ミシン糸は、
窓辺に置いたり ワゴンに収納したりしていました。





ついでですが、下糸の収納、以前はこうでしたが、
今は糸の番手別に分けて、プラケースに収納しています。
IMG_4462_convert_20121009214233.jpg





ペンキが乾いたので組み立て始めましたら、
あら いやだ、棚板が2枚 足りない。
IMG_4464_convert_20121009214334.jpg
繰り上がりもない一桁の足し算を間違っているのは
何もモウロクしてるから、だけが原因じゃありません。
只今、学校が秋休み中で一週間程 給食がないのです。
ドラ息子のメシとメシの間に頑張ってますのでね。
どうしたって集中しきれないから、なのですよ。





なんて言い訳を考えながら、棚板を2枚追加。
IMG_4465_convert_20121009214349.jpg





2枚足して、さあ、今度こそ組み上がりました。
縦91cm、横93.6cm、奥行き9cm、ほぼ正方形の大きな棚です。
IMG_4466_convert_20121009214405.jpg





ヤスリもろくにかけず、ペンキ塗りもいい加減で、
ざっくばらんな仕上がり具合。
メシとメシの間のDIYですから。
IMG_4467_convert_20121009214436.jpg





棚を付けるのは この壁。
ここに 棚を直付けします。
IMG_4463_convert_20121009214247.jpg
でも、この壁には柱が通っておりませんので、
このまま壁にビスを打つ事は出来ません。





で、こういうモノを使用します。
トグラーとかボードアンカーとか呼ばれているモノです。
これを使うと 柱や下地が通っていない壁にも しっかりビスが打てます。
IMG_4469_convert_20121009214530.jpg





こんな風に、最初に 壁のビス位置にトグラーを埋めてから、
この後 ビスを打っていくんです。
IMG_4468_convert_20121009214449.jpg
、、、ところでマダム、ちゃんと聞いてます? 寝てませんか?





さて、トグラーでビスは打てるようになりましたけど、
棚は形状的に そのままでは壁に付けられません。
ですので、こんなモノを用意して、
IMG_4470_convert_20121009214549.jpg





先程のトグラーに ビスで しっかりと打ち付けました。
IMG_4472_convert_20121009214608.jpg
、、、ちょっとマダム、ほれ、寝てないで起きて下さい。





これを利用して 壁に棚を打ち付ける訳です。
IMG_4475_convert_20121009214724.jpg





ちょっと不細工ですが、これで しっかりバッチリです。
ちなみに この板きれ、こんなに大きくなくても大丈夫です。
IMG_4476_convert_20121009214744.jpg





さっそくミシン糸を収納。
IMG_4477_convert_20121009214806.jpg
棚、シュプールに合わせて 真っ白にして良かったわ♪





いや〜ん、キッチリ〜♪ 気持ちいい〜♪
IMG_4478_convert_20121009214828.jpg





ちなみに、下糸のケースもキッチリ♪
IMG_4479_convert_20121009214904.jpg



あ、ここもキッチリしっかり
人気ブログランキングへ
ポチッとね♪



( 2012.10.09 ) ( Handmade 私のアトリエ ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
革を薄く漉いて
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

主人には内緒にしておいて頂きたいのですが、

今日は お気に入りの男の革尾 漉太郎と仲睦まじく過ごし、
たっぷり不倫 不倫、、、

あ、すみません。
漢字変換 間違えました。

え〜っとですね、
たっぷりフリンフリンの革パーツを作っておりました。
IMG_4480_convert_20121010232050.jpg





革でフリルを作りたかったのです。
IMG_4481_convert_20121010232110.jpg
でも これが なかなか難しい。
最初はフリルの端はヘリ返しをするつもりでしたけど、
それだと固くなり過ぎてしまうので、
切りっぱなしにしてコバ処理するだけにしました。





試行錯誤の上、なんとかフリルになりました。
IMG_4485_convert_20121010232142.jpg





こちらの革は 柔らかめ。
でも ヘリ返しはせずに、ステッチだけ入れています。
IMG_4486_convert_20121010232154.jpg
しかし革フリル、思っていた以上にインパクトが強いです。
やたらめったらゴージャスです。

同時進行の鞄は全部で5つですが、
その内の幾つかは 布地でフリルに変更するかもしれません。





ところで、主人には内緒にしておいて頂きたいのですが、
主人のカードで、こっそりミシン糸を買いました。

ビニモという皮革用の強いポリエステルフィラメント糸です。
(皮革以外に 厚手の布にも使われています。)
IMG_4461_convert_20121009214218.jpg
ビニモは前に一時期 使っていた事もあるのですが、
その後は なんとなくスパン糸ばかり使用していました。
スパン糸の在庫は たっぷりありましたし。

今回は 20番から5番手まで色を揃えて購入し、
さっそくフリルの部分を20番のビニモで縫ってみました。

久し振りに使うと、ギュンギュン縫い締まる感じで非常に快適♪
これから革はビニモでまいります♪





そこで、糸の始末に ちょっと便利な物を見つけて来ました。
小さなチャッカマン。
IMG_4484_convert_20121010232127.jpg
これ、便利です。
ライターみたいに指が熱くなったりしませんし、着火もラクです。
普通サイズのチャッカマンより手元も狂いません。



手元が狂わないように
人気ブログランキングへ
四角いとこをポチッとね♪


( 2012.10.11 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
まだ革を漉いてます。
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

アブナイ事とは知りつつも、
革尾 漉太郎との大人の火遊びは、その後も終わる事なく続いています。
IMG_4495_convert_20121012085300.jpg
「気を付けな。オレに近付き過ぎると火傷するぜ。」 by 漉太郎





カンを通す厚めの革も、こんなにキレイにおさまりました。
IMG_4490_convert_20121012085221.jpg





上に乗せているのは 底の分厚くて硬い革。
そんな革もキレイにおさまってるでしょ。
IMG_4491_convert_20121012085235.jpg





漉太郎は 切れ味バツグンのナイフの様な、ちょっとキケンな大人の男。
大人の火遊びも気を付けないと、
火傷どころか、もっと どえらい事になってしまいそうです。
IMG_4488_convert_20121012085207.jpg



キケンな男に
人気ブログランキングへ
ポチッとね♪



( 2012.10.12 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
表胴が出来ました♪
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

5つ同時制作中の不倫バッグ、表胴が仕上がって来ました。
どれもこれもフリンフリン♪
IMG_4496_convert_20121015085332.jpg





紫Rita
IMG_4497_convert_20121015085348.jpg





赤Rita
IMG_4498_convert_20121015085405.jpg




Anais
IMG_4499_convert_20121015085420.jpg
この3つは 普通に布地のフリルにしました。
フリルの帯には 革で作ったパイピングを入れています。





そして こちらは  先に仕上げていた革フリルの2点。
紫Ritaと フランスティッキング。
IMG_4500_convert_20121015085445.jpg
革を漉いてやりたい事がたくさんありますが、
ひとつの鞄に何もかもを盛り込むのは難しいですね。
欲張り過ぎずに少しずつ試して行きたいと思います。





ところで、昨日は次男の柔道の試合があり、メダルが1つ増えました。
IMG_4509_convert_20121015085558.jpg
金なのか銀なのか 分かりにくいデザインですが、
ライバルに負け、今回は残念ながらの銀メダル。
どうしても勝ちたかったライバルに負け、悔し涙を流していました。

自慢の内股をかけてもかけても あと一歩のところで技が決まらず、
最後は優勢負け、という悔しい結果で、
いつまで経っても涙が止まらなかった様です。

小5の次男も そろそろ反抗期で、
可愛くないなあと感じる事が増えているこの頃ですが、
でも、こんな姿を見ると、
うちの息子、まだまだイケテルわと、親バカ母は思うのでした。



涙の銀メダルに
人気ブログランキングへ
ポチッとね♪



( 2012.10.15 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
地味に作業中
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

只今 作っておりますのは、フリンフリンのフリルバッグですが、
鞄の派手な外見のわりに、地味な作業が続いています。


革漉き機で 芯を漉いてみたり、
斜め漉きが上手く出来てマニアックに喜んだり、
IMG_4510_convert_20121017005251.jpg





縫い合わせがキレイにおさまるようになって嬉しいけれど、
でも かなり地味な喜びだったり、
IMG_4511_convert_20121017005308.jpg





黙々と内袋を作り続けたり、
IMG_4521_convert_20121017005419.jpg





出来たのは いつも同じ様な内袋ばかりだったり、
IMG_4520_convert_20121017005403.jpg





裏胴が仕上がったのは ちょっと派手目な喜びだったり、
IMG_4517_convert_20121017005323.jpg





地味だけど、ここんとこ、使いやすく仕上げてみたり、
IMG_4518_convert_20121017005336.jpg





でも こんな小ちゃなパーツに、やけに時間がかかってしまったり。
IMG_4519_convert_20121017005349.jpg



そんな地味な作業を黙々と続けております。
明日は いよいよ本体の組み立て、それと出来れば持ち手作りまで。




地味な作業を
ポチッと励ましてね♪
人気ブログランキングへ


( 2012.10.17 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
予定通りには進まず
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

フリルバッグのショルダー5本、仕上がりました。
表は本革、裏は共布で裏打ちしています。
今回は ショルダーの先端の巾を 少し細くしてみました。
IMG_4523_convert_20121017230110.jpg





ピンクの1本だけ 漉いてヘリ返ししています。
IMG_4524_convert_20121017230129.jpg





両サイドに発砲ナスカン♪
アミナスカンより脱着がラクで 最近 気に入っています。
IMG_4525_convert_20121017230149.jpg





今日は ショルダーをちゃちゃ〜っと作って、
そして 本体も組み上げる予定でしたが、作業台の上は御覧の通り。
鞄はまだ平べったいまんま。
IMG_4526_convert_20121017230210.jpg
ちゃちゃ〜っが、予定通りに進んだ事は 一度もないかもしれません。



ココは予定通り
ちゃちゃ〜っと
人気ブログランキングへ
押しちゃって下さい。



( 2012.10.17 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )