アトリエの家具改造

おはようございます。
当たり前過ぎる表現ですが、毎日 本当に暑いですね。
ブログの更新も久し振りです。

夏休みは忙しくて、毎年 鞄作りどころではなくなってしまうのですが、

、、、などと書き始めましたが、
実は鞄ではなく DIY & 大掃除 の方に スイッチON。

いつも夏になると やりたくなってしまうのです。
そう言えば、去年の夏も こども部屋とアトリエを入れ替えて、
DIY しまくっておりましたね。

今も色々と家具や棚を制作中ですが、
今日はアトリエの家具の改造をご紹介いたします。
IMG_3953_convert_20120805060552.jpg





こちらは アトリエでメインに使用している収納家具。
去年の夏、自分で作った物です。
当時の記事は、過去記事の「私のアトリエ」カテゴリに
「アトリエ計画(1)〜(16)」というタイトルで保存しています。
IMG_3955_convert_20120805060609.jpg
さて、この家具、元はこうでした。





これを こんな風に改造しました。
IMG_3956_convert_20120805060646.jpg
付けていた長いポールを外し、棚板を3枚 作って入れています。
棚板は可動式です。
ステンレスポールは こども部屋で再利用する予定です。





棚の左側は、定番金具を入れているドロワを2つ縦に重ねました。
IMG_3957_convert_20120805060659.jpg





天板が油を欲しがっておりましたので、
ついでに、オイルを塗り込んでお手入れしてやりました。
ツルツルになって、天板の木肌が喜んでます
IMG_3958_convert_20120805060715.jpg
私のお肌もオリンピック観戦による寝不足でお疲れ気味ですが、
こちらの方は 一向にお手入れしてやっておりませんが。



このアトリエ家具の他にも、
改造したり、新しく作っている家具が色々あります。
どれも使える程度には仕上がっているのですが、
まだ完成ではないので、機会をみて また改めてご紹介いたします。



DIYは取りあえず ここまでにして、間もなく バカンスに出掛けます。
行き先は ニューカレドニア。
Casa del sole (音が出ます) というコンドミニアムに滞在します。
コンドミニアムをおさえて、飛行機のチケットを買っただけの
フリー旅行、帰国も適当で今月下旬頃。

本当はドラ息子の希望で エジプトに行くつもりでしたが、
私はエジプトには何度も出掛けているし、
夏のエジプトがどんだけ暑いかを よ〜く知っておりますので、
土壇場で 快適そうなニューカレドニアに変更しました。

後になって知りましたが、
ニューカレドニアは新婚旅行のメッカなのだそう。
我が家が行くと せっかくのおしゃれリゾートも雰囲気ぶち壊しですな。

しばしの間、鞄作りも DIYも休憩して、のんびりしてきます。
帰って来たら、また頑張りまっす!

では、行ってきま〜す




 お休み中もポチッと、、、
人気ブログランキングへ
え!? 厚かましい!?

スポンサーサイト

( 2012.08.05 ) ( Handmade 私のアトリエ ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
お久しぶりです♪

ボンジュール。
画面の前の皆様、ご機嫌いかが?
チバリー在住のおしゃれな我が家、
夏のバカンス、ニューカレドニアから戻ってまいりました。
IMG_3961_convert_20120818174028.jpg
画像は滞在先したコンドミニアムの目の前にあるビーチです。

日本人ツーリストに人気のあるエリアから
少し離れた所でしたので、 周囲はフランス人だらけでした。
アメリカ人もいなくて 英語すら聞こえてこなくて、
こんなにドップリとフランス語だけに浸ったのは今回が初めてです。
フランスでも もう少し英語が聞こえてくるんですけど。


え?
ワタクシのフランス語、ですか?
え、ええっ、もちろん、得意ざますとも。
なにぶんにもセレブでございますからね。
ボンジュールと オボワールと メルシーと シルブプレの
合計4語で乗り切りましたざます。

ちなみにニューカレドニアは独立国ではなくフランス領。
フランス人ツーリストが多いのはそのせいでしょうか?


さてニューカレドニア、
海がキレイ〜とか普通の事はさておきまして、
せっかくですので、私らしい内容でお送りしたいと思います。

滞在したのは 首都ヌメアのカサデルソル(音が出ます)。
シトロン湾の岬にある長期滞在型のコンドミニアムです。
こんなお部屋でした。



[リビングルーム&キッチン]
IMG_3968_convert_20120818174052.jpg
でも部屋が広過ぎて 全部を写し切れておりません!
汚れ防止に黒いカバーが掛けられてますが、
ソファーはカーテンとお揃いです。





[ダイニングルーム]
IMG_3969_convert_20120818174105.jpg
ここは独立した空間ではなくて リビングの手前に繋がっています。
でも、我が家も他の滞在者もみんな このダイニングテーブルではなく、
テラスのテーブルで食事していました。
ですので、ここは息子の勉強スペースにしていました。
撮影し忘れてしまいましたが、このダイニングルームの右に
洗面所&トイレ、ウォークインクローゼットがあります。




[リビング奥の廊下]
IMG_3971_convert_20120818174149.jpg
右にメインのバスルーム、左と奥に寝室があります。





[バスルーム]
IMG_3972_convert_20120819052858.jpg
写っていませんが右にバスタブがあります。
広くてピカピカのバスルームです。

、、、が、狭くても良いから
風呂場には換気扇を付けてくれたまえっ!
バスタブの外にも排水口を付けてくれたまえっ!
と、鏡のアジアのおばはんは 心で叫んでいます。
ここの他にもう1つトイレと洗面所があります。




[左の寝室]
IMG_3974_convert_20120818174216.jpg
2つある寝室の見晴らしの良い方。
ちゃっかりとドラ息子に取られました。
この部屋も広くて、
写っていませんが 大〜っきなクローゼットが2つもあります。
各自 Tシャツ3枚 ズボン2枚 おパンツ3枚ポッキリでしたので、
と〜っても余裕のある収納でございました。





[奥の寝室]
IMG_3973_convert_20120818174201.jpg
見晴らしは もうひとつ、でもテラスに出ると右手に海が見えます。
この部屋も広くて、左の壁に大きなクローゼットがあります。





[キッチン]
IMG_3977_convert_20120818174335.jpg
熱源はIHではなく、これはラジエントヒーターです。
これ、火加減の調節が難しいのですよね。

そして換気扇、
外国のキッチンって 集合住宅でも戸建てでも いつもそうなんですけど
せっかく吸った匂いや煙を、吸気口より少し上にある排気口から
そのまま室内に吐き出してくれやが、、、吐き出して下さいます。
このキッチンですと、
私のおでこ辺りで吸って、つむじ辺りで吐き出して下さるのです。
何故ですか!? どーしてですか!? 外国キッチン!?





IMG_4038_convert_20120819190755.jpg
大きな冷蔵庫に広いカウンターで使いやすいキッチンですけど
冷蔵庫はドアを開閉すると本体が倒れてきそうなくらい傾いてます。
気になって仕方ないので、ある物で工夫して調節して来ました。
カウンターは、私の胸くらいまで高さがあって まるで子ども気分。
私、身長は162cmで、そんなにチビでもないんですけど。





IMG_3976_convert_20120818174250.jpg
食器は とても少なくて、これとカトラリーだけ。
鍋やフライパン等は最低限のものは揃っていました。
でも包丁がなくて困りました。
まな板は使わない国も多いので、なくても まだ分かりますけど、
さすがに どこの国でも料理に包丁は使うでしょ〜っ。
まあでも、コンドミニアムでは食器や家電で足りないものがあっても
リクエストして、あれば貸してくれます。





IMG_3978_convert_20120818174353.jpg
食洗機、さすがに外国製は大容量。
せっかくの設備でしたけど使わずじまいで ずっと手洗い。





IMG_3983_convert_20120818174521.jpg
キッチンの勝手口からも海が見えます。
が、このドア、鍵が壊れているのか、最後まで開きませんでした。
あ〜、気になるわ〜、こういうの!





[ランドリールーム]
IMG_3979_convert_20120818174409.jpg
ここにある家電は全てフランス語表記。
この洗濯乾燥機も説明はフランス語のみ。
なので使いこなすのに時間がかかりました。

いや、そんな事よりも、
この洗濯乾燥機、乾燥タイムが爆音レベルのうるささでした。
もうちょっと どーにかならんのかしら?
いや〜もう、日本の家電ってホントすばらしいわ。





[テラス]
IMG_4050_convert_20120818174715.jpg
テラスは部屋をグルリと囲むように広くて、
大パノラマのオーシャンビュー。
テーブルの上は朝食です。
カトラリーのナイフでぶった切ったリンゴとオレンジ、バナナ、
コクヨのハサミで切り刻んだレタス、それにシリアルと牛乳。
母さんは何とか栄養バランスをとろうと頑張ってます。





[プール]
IMG_3975_convert_20120818174234.jpg
プールもありましたけど、ちょっと小さめ。





とまあ、ざっとですが こんな感じの所でした。
カサデルソルは ホテルとアパートメントに分かれていて、
それぞれ広い部屋と狭い部屋の2つに分かれています。
我が家が借りたのは アパートメントの広い方。
リクエストすればエクストラベッドも貸してもらえますし、
そうすれば もう少し人数が増えても大丈夫です。





毎朝 早起きして、
カトラリーナイフと 持参したコクヨの鋏で朝食を準備し、
カトラリーナイフとコクヨ鋏でお弁当もこしらえました。
IMG_4048_convert_20120818174638.jpg





この日は 食パンのサンドイッチです。
IMG_3984_convert_20120818174545.jpg





ちなみに、カトラリーナイフとコクヨ鋏で夕食も頑張りました。
結局、包丁は借りなかったんです。
IMG_4119_convert_20120818174838.jpg





食材は地元のスーパーや市場で調達。
IMG_3986_convert_20120818174602.jpg
ニューカレドニアはとても物価が高いのですけど、
このキャベツは一玉1500円くらいのセレブ価格。
あんまり高いので、セレブな我がファミリーは
外葉も芯も丸ごと全部 喰らってやりましたとも。





昼間は泳いだり観光したりして、暗くなる前に部屋に戻り、
テラスから見える夕暮れに感動し、
DSCN0012_convert_20120818173743.jpg





夜はオリンピック観戦で感動したら、
DSCN0048_convert_20120818173900.jpg
その後は 子どもの勉強をみてやったりしてから寝る、そんな毎日。

3食作って、掃除洗濯して、、、これでバカンスなのかって?

ええ、これでもバカンスなんです。
ミシン触っていませんからね。



まあ 押して下さる?
人気ブログランキングへ
メルシー



( 2012.08.27 ) ( 旅 と ART ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
ニューカレドニア

ボンジュール、画面の前の皆様、ご機嫌いかが?
今回もニューカレドニアの続きです。
今日は昨日より もう少し一般的な観光ブログでお送りします。


我が家が滞在したコンドミニアムは ヌメアのシトロン湾にあり、
そこからタクシーボートが出ています。
車のタクシーよりラクに乗れちゃうんです。

そのタクシーボートに乗って、目指しているのは無人島
DSCN0018_convert_20120819075410.jpg
でもこの無人島、ちゃ〜んとレストランとトイレがあるんです。
でもってシトロン湾から たったの5分で着いちゃうんです。
ボートに乗らなくても泳いで渡れそうなくらいです。





5分のお手軽な無人島でも、海はバツグン!
DSCN0020_convert_20120818173832.jpg
私は潜りの達人ですので、
ここで息子にしっかりと潜りを教えてやりました。
浮力のあるウェットスーツを着ていても スイスイ海底に潜る私は
ここで ずいぶん株が上がったみたいです。ほほ。





また別の無人島では ウミヘビを見つけて 更に株を上げ、
IMG_4138_convert_20120819075328.jpg





また別の無人島でも タコを見つけて株を上げたりしとりました。
海は私の得意エリアですのでね。
IMG_4151_convert_20120819075343.jpg





ここは首都ヌメアからは遠いまた別の海、ブロニー湾という所。
海面に浮かぶ黒いものは 車のタイヤなどではありません。
南極からやって来たザトウクジラの親子です。
DSCN0068_convert_20120818173919.jpg
この時期、子育て中のザトウクジラを高確率で見られるのです。
期間限定のザトウ鯨のウォッチングツアーは地元でも人気が高くて、
私達もやっと予約をとる事が出来ました。
かなり頻繁にクジラを見る事が出来たのですけれど、
でも、ことごとくシャッターチャンスを逃してしまいました。
尻尾がザッパーンの写真、撮りたかった!





船には12時間も乗っていました、、、ら、もう寒くて寒くて、
私なんか シャツとトレーナーの上に ラッシュガードを着て、
その上にウエットスーツも着て、それでもまだ足りず、
主人から奪い取ったフリースまで重ね着しています。
一番下には水着を着ていましたけど、全く泳げませんでした。
DSCN0054_convert_20120821123616.jpg
この日のツアーは10組くらいで、我が家以外は全員フランス人。
なので説明もフランス語だけ。
でも クジラを見つけたらオォ〜ウと喜ぶだけのエクスカーションなので
特に困りも致しません。





お天気の良い日に、ヌメア近郊にある森林公園にも行きました。
これはニューカレドニアの国鳥カグー、飛べない鳥です。
DSCN0140_convert_20120818173942.jpg
カグーなんて鳥 ここに来るまで知りませんでしたけど、
トテトテ歩く姿が可愛くて、すっかりカグーファンになりました。
でも わざわざ遠くに行かなくても、
カグーは上野動物園にいるそうですがな。





カグーにも会えますが、この公園のすごいのは、
大きな孔雀がうじゃうじゃ放し飼いにされてる事。
そして、こんなに大きくてキレイな鳥なのに、
ローカルでは ちっとも有り難がたられていない事。
IMG_4054_convert_20120818174802.jpg





お昼ご飯を食べたりしていると、
日本の公園のハトのように お昼を狙って群がって来ます。
IMG_4101_convert_20120818174819.jpg
この時も、周りに10羽くらいの孔雀が群がってきました。
鳩みたいに、シッシッと追い払われたりもしてお気の毒。





ここはココティエ広場、この国 一番の中心地。
でも とってものどかです。
IMG_3999_convert_20120818174619.jpg
おっきな花柄ワンピで浮かれ気味の女がおりますが、
この国では かなり場違いな雰囲気で あまりよろしくありません。
ここは おフランス人のリゾートですからね。
ツーリストがかなりオシャレなんです。

これからニューカレドニアにいらっしゃる方は お気をつけ下さいませ。
ハワイ気分のファッションだと ちょっと恥ずかしいかもしれません。
特に ハイビスカス柄のワンピースは危険なアイテムです。





雨の日、あまり期待もしないで出掛けたのが チバウ文化センター
DSCN0222_convert_20120818174009.jpg
ここ、オススメスポットです。
やけに おしゃれな建物だなあと思っていたら、
レンゾ・ピアノ氏設計の建築なのだそうです。
庭園も広くて美しいですので、お弁当持参で是非どうぞ。





こんな感じで、昼間は泳いだり遊んだり観光したり、
夜はお家でいい子に過ごす、とっても健全家族でした。


ニューカレドニアの印象は、物価が高〜っっっ!
ツーリストプライスだけではなく、
食品や生活必需品なども 何もかもがお高いんです。

ついハワイと比べちゃうのですけど、
ハワイのレストランなら 家族で60〜70ドル位かなと思う様な食事でも
ここでは150ドル? 200ドル? 250ドル? 、、、と まあそんな感じ。
会計時に あまりの高さに驚いたフランス人ツーリストが怒って怒鳴る、
なんてシーンも見ました。

庶民的なスーパーでも何もかもが高くて、
日本なら378円くらいかな〜と思える洗濯用洗剤が1000円以上したり、
598円くらいかな〜のパック入りのハムが2000円以上もしたり、
計り売りの野菜も肉も魚も とても高くて、
食品や雑貨は 世界一の物価高の北欧よりも高いのではと
思うものもありました。

強い円の国からやってきた我々がそう感じるのですからね。
この国の皆さんは 一体どうやって生活されてるのか不思議です。
スーパーでは 値段の安い物から順番に売切れていましたから
相当 節約をされてるのでしょうか???

通帳の残高が容赦なく目減りしていくのにおののいて、
我が家も非常に清貧な暮らしぶりでございました。
でも単なる一ツーリストの短期間の見聞ですからね、
物価も あくまでも節約チバリー主婦の私個人の印象です。


ついつい主婦目線の物価のお話しばかりですみません。
他に感じた事は、治安がすばらしく良い事、
ローカルの方が 控えめで とても礼儀正しく 物腰が洗練されている事。

オセアニアへは 今まで色々な国に行きましたけど、
ニューカレドニアは今回が初めてです。
オセアニアは どこも似た様な雰囲気だろうとイメージしていたら、
やっぱり それぞれ違うものですね。
緩い空気が流れていて とてもリラックスできる国でした。





さてさて、ドラ息子達よ、
ニューカレドニアで 一番 楽しかった事はなあに?



一番 楽しかった事? え〜と、それは〜、、、
IMG_4152_convert_20120818174851.jpg
ヤシの実の砲丸投げ!





でぇぇぇ〜〜〜〜〜いっっっ!!
IMG_4153_convert_20120818174906.jpg
おぉ〜っ、兄ちゃん、やるね〜っ!




オレも負けないぜ。
でぇぇぇ〜〜〜〜〜いっっっ!!

IMG_4154_convert_20120818174920.jpg
お前も なかなか やるなあ〜〜〜。




誰もいない無人島の美しいビーチで、
落ちているヤシの実を次々と海に投げ込むドラ息子達。
逞しく成長したドラ息子達の姿に、思わず目頭が熱くなった瞬間です。
長いビーチには たくさんのヤシの実が落ちていましたが、
ドラ息子の通った後はキレイサッパリなくなっておりました。


ドラ息子達、ヤシの実砲丸が非常に楽しかったらしく、
またニューカレドニアへ行きたいそうです。
ヤシの実 投げに。

こ、こんなに喜んでくれるなんて、、、。
おフランスでボンジュールだろうが、物価が高かろうが、
はるばるニューカレドニアまで連れて来てやった甲斐がございました。




ヤシの実砲丸に
人気ブログランキングへ
ポチッとね



( 2012.08.28 ) ( 旅 と ART ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
魔法でバッグ

唐突な自慢話で恐縮ですが、
ワタクシの特技の1つに 魔法の呪文というのがございます。

その特技で、この裁断済みの革パーツをなんとかして見せましょう。
IMG_4203_convert_20120829103543.jpg
では、
マハリーク マハーリタ ヤンバラ ヤンヤンヤン、
えいっ!





、、、、おおお。
素晴らしい縫い代が出現しました。
IMG_4202_convert_20120829103526.jpg





次は こちら。
IMG_4204_convert_20120829103554.jpg
マハリーク マハーリタ ヤンバラ ヤンヤンヤン、
えいっ!





、、、おおお。
これまた見事な魔法具合。
IMG_4205_convert_20120829103609.jpg
では、このまま続けて もう一度。
マハリーク マハーリタ ヤンバラ ヤンヤンヤン、
えいっ!




あ、あ、あ、、、あれ?
か、変わってない?
IMG_4205_convert_20120829103609.jpg
おっかしいなー。
気合いが足りなかったのかしら?

じゃあ気合いを入れてもう一度。
でぇぇぇぇ〜〜〜〜〜いっっっ!





うほ
IMG_4211_convert_20120829103621.jpg





トレビア〜ン
IMG_4213_convert_20120829103633.jpg
あらイケナイ、私ったら。
バカンス帰りで ついウッカリ得意のフランス語が飛び出てしまったわ。
画面の前の庶民の皆様、イヤミな感じでゴメンナサイざますわ。





それにしても、魔法は やっぱり気合いが大事
IMG_4214_convert_20120829103645.jpg





気合いはヘソの下に入れるのがポイントよ
IMG_4215_convert_20120829103658.jpg





ちなみに この鞄は、
2009年から作り続けている半月トートの新バージョン。
仕様は ほぼ同じですが、サイズや形は 以前とかなり違っています。

実は 魔法をかけたのはバカンス前で、もう ずいぶん前の事。
これは友人の鞄で、もう手元にないのですが、とても出来のよい鞄です。
ハンドメイドネタがないので 友人の許可を得て アップしてみました。





さて、今度はこちら。
鞄3個分のパーツに まとめて魔法をかけてみせましょう。

ヘソの下に たっぷり気合いを入れましたらば、
IMG_4218_convert_20120829103711.jpg
マハリーク マハーリタ ヤンバラ ヤンヤンヤン、
でぇぇぇぇ〜〜〜〜〜いっっっ!






あ、あ、あ、あれっ?
IMG_4218_convert_20120829103711.jpg
なんだかダメみたい。
気合い充分なはずなのに。


仕方がないわ。
地道に魔法の修行に励む、、、いや そうじゃなくて、
地道に制作 がんばりたいと思います。




あなたは
押したくなる 押したくな〜る
人気ブログランキングへ
で〜〜〜いっ!



( 2012.08.29 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )