出品しました♪
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)



鉄板バッグ、11月上旬に作り始めてから早3ヶ月、
12点中の6点を ようやく昨日 出品いたしました。
早々に御入札いただきまして、誠にありがとうございます。
12点まとめてズラリと並べてみたかったのですが、
出品作業に手間取り、時間がかかっています。
残りの6点は 後日 改めて出品させて頂きますので、
暫くお待ち下さいませ。



ところで、
この 鞄&腹ベルトSETで やりたかったけど 出来なかった事がひとつ。



このセット、普通は こうなんですが、、、






こうも してみたかった。
IMG_2318_convert_20120131014529.jpg
実はこれ、ショルダーに腹ベルトを繋いで長くしているんです。
ショルダーも腹ベルトも 巾は同じ 2センチですので。

でも、このままじゃ長過ぎますし、
腹ベルトの金具が ちょうど肩に当たってしまいます。
また、ベルトもショルダーも 一見 同じに見えますが、
中の材料は違っていて、違和感もありますし。

どれも解決しようとすれば 解決できる問題かもしれませんけど、
でも今回はパス。

マダム方は、こういった多機能とか 便利とか、
あまり求めていらっしゃらない様な気が致しまして。

やはりマダムはマダムらしく、
ハンドバッグと斜め掛けショルダーは、
別々にお買い上げ頂くのが一番かと存じます。

ま、この鞄の形は 斜め掛けは ちょっと似合わない感じもしますしね。





やっと鉄板バッグが終わって、やっと次に進めます。
最近なぜだかリバティビニコばかりですが、
新しいビニコも色々 購入しました。
IMG_2058_convert_20120106104850.jpg





艶ありタイプのコットンテイルも追加で購入。
これはエリザベスバッグに仕立てる予定です。
IMG_1918_convert_20111110092818.jpg
でも、ビニコの固い鞄は、作るのにちょっとエネルギーが必要です。
なので、その前に 少し息抜きをして、小物を作りたいと思います。





ビニコばかりじゃなくて、布地でも 計画しています。
例えば、春色の このイギリスファブリックなどで。
IMG_1801_convert_20120203102118.jpg


このレア~な ステキファブリックは、
いつもイイモノをただで送って下さるセレブ友達、
「Quilt me」のYukaさんからの頂き物。


かなり以前に頂いて そのまま ずっと寝かせておいたファブリック。
春の間に 思い切って鋏を入れようと思います。
IMG_1802_convert_20120203102130.jpg
どんな鞄にしようかな?


年増なのに、やりたい事がいっぱいあって幸せ♡




インフル予防効果が
 あります。
人気ブログランキングへ
念の為にポチリとどうぞ


スポンサーサイト

( 2012.02.03 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
更に出品しました♪
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

おはようございます。
先程、鉄板バッグを5点 追加出品いたしました。
よろしかったら御覧くださいませ♪


鉄板バッグ、作ったのは12点、でも出品したのは11点。
残り1点は ピンクのカペルです。
IMG_2287_convert_20120125032050.jpg
ちょっと分かりづらいですが、この画像では 右列前から3番目。

こちらのピンクのカペル、
鞄を 中表の状態で立体に縫い上げ、外表に返す時に、
ビニコ生地の表面に皺を作ってしまい、出品を控えています。
画像でも皺が写っていますね。

とても時間のかかった鞄なので、最終段階での失敗は非常に辛い。
だが まあ仕方がありません。

ビニコを固い鞄に仕上げ、そして入れ口の狭くなった型の鞄の場合は、
この表に返す、という作業が最難関ポイントなんです。
縫うのより、表にひっくり返す方が難しい。
もし、返している最中の画像を御覧になれば、驚かれると思います。
この固くて 分厚い鞄が、
まるで踏みつぶしたボールの様にグチャグチャになっておりますので。





では気を取り直して、次の鞄に!と書きたいところですが、
ハンドメイドのネタが まるでございません。
新しい型を起こそうとして失敗続き。

次の鞄は、私にしては珍しく、ソフトな鞄にしたいと思っています。
ソフトな鞄は リクエストもたくさん頂くのですけれど、
柔らかい芯の良いのがなくて、なかなか作れずにいました。
でも、昨年末、とても良い芯をGET!

よく見かけるスポンジやウレタンとか キルト芯とは ひと味 違います。
まだ試作していないので はっきりと申せませんが、
おそらく ビニコに使用しても かなりイイ感じ♡の鞄ができそうです。



気に入って、大人買い!
IMG_2255_convert_20120119080402.jpg
また芯在庫を増やしてしまいましたが、頑張って消費したいと思います。





地味な画像ばかりですので、最後にステキ男児の画像をイッパツ。
201201061102000_convert_20120207095621.jpg
こちらは神立高原。
ちょこまかスキーに出掛けています。
ドラ息子どものスキーの腕前、グングン上昇中です♪




 げげっ。
 こちらはグングン下降中。
人気ブログランキングへ
 愛のひとポチお願い。



( 2012.02.07 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
栃木レザー& IBIZA 見学
[ MyAuction ] ← 今夜 終了です。よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)


昨日、布と糸の時間」のtamaさんと一緒に、
タンナーの 栃木レザーさんの革の鞣し工場と
バッグメーカーの イビサさんの鞄の工場見学に出掛けて来ました。

浅草ものづくり工房主催の工場見学のバスツアーです。
靴や鞄作りのプロ、又はプロの卵対象の限定ツアーだった様ですが、
場違いな素人の ちょっと熟し気味の美女2名、
ツラの皮厚く ちゃっかり参加させて頂きました。


最初は 栃木レザーさん。
フルタンニン鞣しの革を作っていらっしゃいます。
社長さん自ら 原皮が革に至るまでの長い工程を
丁寧に案内して下さいました。
皮の表には牛の毛が付き、裏には脂肪が付いたままの 生々しい原皮。
これを洗ったり、脱毛したり、鞣したりして、革にするんです。

タンナーを見学するのは、実は2回目。
以前にモロッコのフェズという町で
タンニン鞣しの工場を見学した事があります。
ですので、革の鞣しの現場の匂いやキツさとか そういうもの、
一応 知ってはいたものの
それでも、栃木レザーさんを見せて頂いてショックを受けました。
生々しい原皮に、と申すよりも、
現代の日本人の手で、大変な作業を経て 革が作られている事に。

(栃木レザーさんでは 排水や衛生に気を遣われていて、
 匂いはほとんどありません。)

とてもとても人の手と時間がかけられて 革が出来上がるんです。
1枚の革に 想像以上の手間と時間がかけられています。
情熱があるから出来ることだと思います。

栃木レザー、一級品で お値段も高くて知られていると思いますが、
工場の見学の後では 高くない、それどころか安いと思いました。

こちらに 皮から革へ の工程が紹介されていますので御覧下さいね。
革を扱われるハンドメイダーさんや 革製品のお好きな方には特に、
この長くて大変な工程を ぜひ知って頂きたいと思いました。

材料の革が出来るまでに これだけの人の手がかかり、
そして、作り手の私達の方でも また更に手をかけていく革。

tamaさんもおっしゃってましたが、
生き物を材料にするとは こういう事なのだと少し分かりました。
革は、愛らしい牛から作っています。


私のアトリエでも 栃木レザーは定番品、
いつも2枚か3枚の半裁を置いています。
これは1枚で作る持ち手用に 厚めに漉いてもらったもの。
IMG_2544_convert_20120209083005.jpg
こんな革を材料にさせて頂けるのは なんと有り難い事か。
栃木レザー、良いけど高いんだよね、とは もうなるべく申さず、
気持ちを込めて 大切に使いたいと思います。






次は イビサさん。
こちらは画像がたっぷりですので、
簡単なコメントで紹介させて頂きますね。



手作業で革に色づけ。
IMG_2538_convert_20120209083251.jpg



熟練の職人さんの手仕事だそうです。
IMG_2539_convert_20120209083305.jpg



ハイテクな革の裁断。
IMG_2519_convert_20120209083016.jpg



カット中~。
IMG_2523_convert_20120209083037.jpg



寸分の狂いもなくカットされた革。
よく見ると 小さな合印もキチッと入っています。
IMG_2520_convert_20120209083026.jpg



少しでも軽く仕上がる様にと、余分な革を切り落とされてました。
お客様に気持ち良く鞄を持って頂くために、
縫い代のあまり部分を 少しでも薄く 少しでも軽く、だそうです。
根気の要りそうな細かい作業、見習わなくては。
IMG_2525_convert_20120209083048.jpg



こちらは縫製部門。
見慣れたミシンがチラホラ、なんだか嬉しい。
IMG_2531_convert_20120209083146.jpg



持ち手作り。
IMG_2528_convert_20120209083114.jpg



とても参考になりました。
IMG_2529_convert_20120209083124.jpg



だんだん形に。
IMG_2527_convert_20120209083058.jpg



仕上がり間近です。
IMG_2536_convert_20120209083238.jpg



こういうの、
いいなあ、好きだなあ、かっこいいなあ。
IMG_2532_convert_20120209082954.jpg



染めた革の色留め作業。
IMG_2533_convert_20120209083159.jpg



鞄って、本当に手間がかかりますね。
IMG_2534_convert_20120209083217.jpg



イビサさんでは、ウロウロと自由に見学させて頂く事もでき、
自由に職人さんとお話させて頂く事もでき、感動しました。
撮影もお話しも どうぞご自由に だなんて!
イビサさんの鞄はとてもすばらしくてステキです。
それに、製品は無期限で修理もして下さるのですよ。
修理専門の方ともお話しをさせて頂きましたが、
とても高度な技術だと思いました。



今日の記事、長過ぎてスミマセン。
感動しっぱなしだったものですから。
こんな貴重な体験をさせてくれた浅草にとても感謝しています。
とても良い勉強をさせて頂きました。


鞄作りって、工程が長くて大変といつも思っていましたが、
使わせて頂いている材料もしかり。
様々な高品質な材料に感謝しないといけませんね。


最後のシメはこれ。
IMG_2541_convert_20120209083320.jpg
エスニックご飯。
美味しいビールとお料理にも感謝です。

出品中のマイオークション
下手なの知ってて、リピート入札して下さるお客様にも
下手なの知らずに、初めて入札して下さる方にも 感謝 感謝 です。

何事も ありがたい ありがたいのお年頃のC教授でございました。



 ああ、ココも、
人気ブログランキングへ
 ありがたい。



( 2012.02.09 ) ( Handmade その他 ) ( COMMENT:7 ) ( TRACKBACK:0 )
次の鞄
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

鉄板バッグ&腹ベルトSET の6点、オークション終了いたしました。
この度も たくさんの御入札、誠にありがとうございました。



今朝のアトリエ。
IMG_2545_convert_20120211071710.jpg
手前の鞄達は 現在出品中のもの。
奥に積み重ねた段ボールは、今日これからお嫁入りする鞄達。

いつもなら、オークション終了後 直ちに発送させて頂くのですが、
今回は 私の都合で 1日遅れての発送となってしまいました。
落札者樣、皆様とてもスピーディーに御連絡下さるのに、
本当に申し訳ありません。





今日、お昼の はこBOON集荷便に間に合うよう
発送させて頂きますので、今しばらくお待ち下さいませ。
IMG_2546_convert_20120211071725.jpg
どの鞄もいずれ劣らぬ 素敵リサイクル梱包でお届けさせて頂きます。




さて、次の鞄。

なかなかブログにアップする事が出来ずにいましたが、
少しずつ進んでいます。

今度もまた使用する生地は リバティービニコ。
布の上に乗せているのは セットにする腹ベルトのパーツです。
IMG_2548_convert_20120211071741.jpg
最近 ビニコ続きで、普通の布地が縫いたい気分もあり、
今回は ビニコにカラーリネンと本革を合わせてみる事にしました。





型はもう出来ています。
IMG_2549_convert_20120211071754.jpg
この鞄は、私がデイリーに使うなら、と考えた形。
気軽に 持ちやすく 使いやすく。





もう試作も終わっています。
IMG_2550_convert_20120211071804.jpg
試作だと、まるでランチバッグの様に見えますね。

本番では もっと張りのある素材で
マダムが持つのに相応しいバッグに仕立てたいと思います。

このところ ずっと鉄板バッグばかりでした。
久し振りに作る新しい鞄 楽しんで作りたいと思います。



新作へのパワー
人気ブログランキングへ
 注入してね。



( 2012.02.11 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
楽しく裁断中♪
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)


新しく起こした型の鞄、只今 生地の裁断中です。

こちらは紫のカペル。
定番中の定番、の定番くらいの生地ですね。
私もここ数年間は 紫カペルはいつも必ず手元に置いています。
IMG_2554_convert_20120212075010.jpg
生地の裏には それぞれ、
メインの芯、サブの芯、補強の芯、と3種類の芯が貼られています。
ですから、
画像に写る生地の4倍近い量の材料を裁断した事になります。

でも、
久し振りの新しい鞄作りも、久し振りのカラーリネンも楽しくて、
いつもなら飽きて疲れてしまって なかなか進まない裁断も
今回はやけに楽しく、明け方まで頑張りました。





今回 使用するビニコは全て ツヤの無いマットなタイプ。
ですので、カラーリネンとも違和感なくまとまっています。
IMG_2555_convert_20120212075028.jpg
コットンテイル、クレメンタイン、カペル、鞄は全部で5つ。
マダムはどの色柄がお好みですか?

え、なに!?
月曜から金曜まで、毎日 持ち替えたい!?


まあ まあ まあ まあ。

月金セットでまとめてお買い上げの場合には、
低反発枕をペアーで、
さ・ら・に、
どこでもカンタン 高枝切りハサミをお付けしてお届けいたします。




人気ブログランキングへ
コチラも月金で



( 2012.02.12 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
リバティビニコのソフト?トート 制作中

鉄板バッグのオークション、終了いたしました。
この度もたくさんの方に御覧頂きまして ありがとうございました。


さて、今はリバティビニコのソフトトートバッグを5点 制作中です。
IMG_2564_convert_20120217003557.jpg
質の良いソフトな芯材を手に入れ、
私にしては珍しく ソフトバッグを作ろうと
ずっと前から計画しておりました。
鉄板バッグが終わったら と、心待ちにしていましたので、
この鞄は作るのがとても楽しいんです。





こちらは 正面に付ける外ポケット。
IMG_2565_convert_20120217003617.jpg





ツヤ無しビニコと ピュアリネンと 本革。
異素材同士が上手くまとまっていると思います。
IMG_2566_convert_20120217003631.jpg





そして 更にアンティークレースという異素材も追加したくなりました。
IMG_2567_convert_20120217003646.jpg
だが しかし、
中央部のリネンと両サイドのビニコは もうすでに縫製済み。
この時点で ここにレースを付けるのは ちょっと難しい。
さて、どうしよう。



ところで、少し前に、
「重ため軽量型トート」という鞄を作り、少し反響がありました。
軽量型なのに重い、
そんな市販品にはない意外性がよろしかったのでしょう。

そして、今回もまた、その時と同じ様な 確かな手応えを感じています。
今回のは「ソフトトート がっつりハードタイプ」
ソフトなのに固い、これまた市販品にはない意外性です。
よく巷で言われる、ハンドメイドの暖かみってヤツでしょうか。



こんなアホな私に
人気ブログランキングへ
 ポチッとね。



( 2012.02.17 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
大阪ですがな♪

全国のマダムのみなさま、まいど おーきに。
週末の2日間、大阪に行ってまいりましてん。
IMG_2578_convert_20120219054952.jpg
宿泊した ホテル日航大阪の 29Fの部屋からの眺望。
心斎橋が一望でっせ。




今回は、古くからの友人のご実家のリフォームの相談に
夫婦2人で出掛けて来たのでした。

リフォームをするお家は 古くて広い立派なお屋敷。
IMG_2596_convert_20120219055421.jpg



広い敷地の真ん中には石畳の中庭、
その中庭を囲む様に 母屋や離れが建てられています。
今時の住宅では考えられない様な贅沢さ。
IMG_2598_convert_20120219062326.jpg



こちらは宮大工さんの手による玄関。
IMG_2593_convert_20120219055326.jpg



すばらしい手仕事。
IMG_2594_convert_20120219055341.jpg



とっても美しいでしょ。
IMG_2595_convert_20120219055406.jpg



ここもカッコイイ。
IMG_2597_convert_20120219055434.jpg



こちらは 家の中の建具。
IMG_2590_convert_20120219055315.jpg




手の込んだ贅沢な装飾、今じゃもう作るのは無理ですね。
IMG_2583_convert_20120219055230.jpg



夕方の家の中、
にっきゅっぱのデジカメで写しただけの写真がアートです。
IMG_2587_convert_20120219055300.jpg



こちらのお宅は プロフェッショナルの音楽ファミリー、
友人と私のマシンガントークのBGMは ハープの生演奏!
IMG_2581_convert_20120219055206.jpg
いや、それでは失礼ですね。
美しいハープの音色の背後で やかましく喋りまくってしまいました。


なにはともあれ、そんな なにもかもが贅沢な感じの家。
昔々 こちらのお宅に泊めて頂いた事があるのですが、
その時は 古い家の魅力にあまり気が付いていませんでした。
ワタクシ本体も古くなってきて、
こういう古い物が とてもステキに感じる様になりました。
このお家がどんな風に変わるのか、図面をひく主人は責任重大です。
どうかいいものになります様に。



ところで、
金曜の夜、ホテルに戻り 受付にキーを受取にまいりましたら、
マダーム、お届けものがございます。との事。

な、な、なんと!
「カラフルソーイング」の まーさんが、わざわざいらして下さってた!
IMG_2579_convert_20120219055037.jpg
まーさんお手製のリバティハンカチに包まれた
美味しいチョコレートを頂きました。
宿泊先のホテルに贈り物だなんてサプライズ、すごく嬉しいですね~!

まーさん、どうもありがとう! でもゴメンナサイ。
ワタクシその頃、ホテル近くのアメリカ村でタコ焼き食べておりました。
もし電話して下さってたら、
歯に青のり付けたまま すっ飛んでまいりましたのにー。
お会いできなくて とても残念です。
でも今度は必ずお会いしましょう。


そんなこんなで、
1泊2日の強行スケジュールでしたが、濃くて楽しい大阪でしたがな。



ここも まいど おーきに!
人気ブログランキングへ
 ですがな。



( 2012.02.19 ) ( 旅 と ART ) ( COMMENT:6 ) ( TRACKBACK:0 )
ある時 ない時。

おはようございます。

本日のブログは 大阪の文化に造詣の深い方へ お届けいたします。
なにぶんにも 関西から戻ったばかりでございますので。


さて、
関西地区限定(?)の「551の蓬莱」という会社のCM
マダムは御存知でしょうか?


御存知ではない方の為に、
オリジナルCMではありませんが こちらは参考資料です。
少し下へスクロールして御覧下さいませ。

それでは、そのノリで。





アンチックレースが ある時~
IMG_2602_convert_20120220073138.jpg



ない時~
IMG_2601_convert_20120220073125.jpg



ある時~
IMG_2603_convert_20120220073159.jpg



ない時~
IMG_2600_convert_20120220073109.jpg


んね?
やっぱり 豚まん、、、いえ レースがあったら気分はアップ!



もともとレースは付ける予定ではなくて、
中央のカラーリネンと 両サイドのリバティ部分は、
既に 太い糸でガッツリ縫い合わせてしまっておりました。

この段階では レースは付けにくいのですけど、
でも ちょっと無理して レースを追加しました。



レースの端は 解けない様にボンドで処理し、内側に折って縫付け。
IMG_2599_convert_20120220073054.jpg





そして、弧を描く様に レースの両端を落として、
ちょっと見苦しい部分は 上に乗せたポケットで隠れる様にしています。
カシメも打ちましたので、その部分は ほとんど見えなくなりました。
IMG_2604_convert_20120220073214.jpg
なんとかなって ほっと一息。
だってやっぱり ある時~ の方がいいんですもん。





ところで余談ですが、私の起床時間は 朝の5時半ごろ。
寝室の東の窓から見える景色が 今朝はとってもキレイでした。



   お月様がある時~          ない時~
IMG_2607_convert_20120220074003.jpg IMG_2607_convert_20120220073930.jpg

んね?
お月様だって、やっぱりあった方がいい。



四角いのを
押す時~
人気ブログランキングへ
押さない時~



( 2012.02.20 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
鞄5つ 進行中

代わり映えしない画像ですが、胴の正面が完成しました。
IMG_2620_convert_20120222171407.jpg





メタルモチーフの上下に 小さなカシメをぽつっと2つ付けています。
IMG_2621_convert_20120222171421.jpg





背面も完成しています。
IMG_2616_convert_20120222171321.jpg





プックリ膨らんだマグネット付のポケットです。
IMG_2619_convert_20120222171352.jpg





こちらは ローズの飾りカシメの周りに ぽつっと3つ。
IMG_2618_convert_20120222171334.jpg



ぽつぽつ飾った極小カシメ、
本当に小さくて小さくて、頭の直径は僅か5ミリ。
そのわりに足は結構 太くて、
カシメを通す為に あける穴のサイズは直径2ミリ。
頭と穴の差があまりないので、
カシメが抜け落ちてしまわない様に気を遣います。
ワタクシ自身も足は太めですが、でも、
頭も腹もおしりも 全部 大きめですので 何ら問題はございません。





穴の位置や 生地の厚さの関係で、
2ミリの穴は 回転式ポンチやスクリューポンチではなく、
ハンドプレスに専用の駒をセットしてあけています。
IMG_2613_convert_20120222171252.jpg
この穴あけ駒、単なる凹凸の形なんですけど、
こんなので ちゃんと穴があくのが不思議。





カシメの裏は 硬い本革を貼って補強しています。
IMG_2615_convert_20120222171307.jpg
この革は補強用にしているもの。
伸び縮みせず とてもしっかりしています。



まあ それでも こんな極小カシメって、
その内 ぽろっと抜け落ちたりしちゃう事もあるんでしょうか?

そんな時には 代わりに紙粘土でも丸めて 穴に突っ込んどいて下さい。
たいして変わりゃしませんから。
油性マジックで 紙粘土を茶色に塗れば 尚 よろしいでしょう。


いつもありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
ポチッ♪



( 2012.02.23 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
視力検査

IMG_2623m_convert_20120225012713.jpg

「右!」





IMG_2623h_convert_20120225012646.jpg

「左!」





IMG_2625mu_convert_20120225012623.jpg

「右ななめ上!」





IMG_2623s_convert_20120225012556.jpg

「、、、、、下。」

マダーム、目を細めないで下さいね。

「あ、はい。すみません。」





では これは?
IMG_2625hs_convert_20120225012526.jpg

「、、、ひ、左?」





じゃあ これは?
IMG_2623u_convert_20120225012443.jpg

「えぇ~~~っと、、、
    うう、わ、分かりません。」






はい、結構ですよ。
両目とも1.2、まずまず よろしい様ですね。

「ほっ。」





では次に、右のCと 左のC、どちらがハッキリ見えますか?
IMG_2626_convert_20120225012802_convert_20120225012846.jpg

「だぁっ!? み、右のCって、、、!?」

はい? 右の方がハッキリお見えですか?

「あ、いや~その~、、、左の方がハッキリです。」

左ですね、分かりました。

残念ですが、老眼の方が ちょっと進んでいらっしゃる様ですね。

「ぎっくぅ!」

あちらに遠近両用レンズの案内がありますので ご覧くださいね。

「しょぼ~ん。」







おやおや、とんだ結末で すっかり気落ちしてしまいましたね。
でもハンドメイド好きな皆様方、目はどうぞお大事に。
PCとミシン、目にはダブルパンチですもの。

ところで、こちらの「C」は、鞄の底に使います。

鞄の底に、C教授のでっかいマーク!?
いえいえ、そうではありませんのでご安心を。

制作中の鞄5つ、使用しているリバティは、
カペル/Capel、クレメンタイン/Clementine、コットンテイル/Cottontail
と、偶然にも全てが「C」はじまり。
「C」はリバティの「C」でした。





それに 「C」を付けるのは1つだけ、残り4つは付けません。
IMG_2628_convert_20120225073646.jpg
最近、厚物専用の工業用ミシン、三菱おじさんのご機嫌がよろしいので、
ちょっとステッチで遊んでみただけでございました。


緑の四角いヤツ
ハッキリ見えますか?
人気ブログランキングへ
お見えなら
ポチッとね!



( 2012.02.25 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )