浅草デート

昨日は浅草へ行ってまいりました。

IMG_1589_convert_20111001040812.jpg

と 申しましても 雷門の観光ではなく、
布と糸の時間」のtamaさんと「Quilt me」のYukaさんと 私の3人で
浅草でデートして来たんです。
この辺り、革問屋さんがたくさんあるんですよ。
美女3名で、革のセールに行ってまいりました。

革も たくさんお買い得に購入できて 良かったですが、
なにより お2人とお会いできたのが とにかく楽しかった!
お店巡りをしたり、エスニックランチしたり、お茶したり、
どこへ行っても 私達 しゃべり過ぎで かな~りうるさかったと思います。

あ、いえ、
tamaさんは しっとりと落ち着かれた美女さんで、
(↑本当です。スラリとスマートで 女優さんの様に整ったお顔の美女!)
うるさかったのは、私とYukaさんでしたでしょうか。

Yukaさんは 色が真っ白 華奢で お目目クリクリの可愛いお嬢さん。
ブログの大人っぽさとは違和感を感じてしまうほど。
こんな可愛いお嬢さんの手からあのすばらしい作品が生まれるとはねえ。

tamaさんの美女振りには驚きましたが、
お話すれば やっぱりイメージ通りのお方ですし、
Yukaさんとは電話友達で いつもバカ話で盛り上がったりしてますしで、
初対面の緊張感なんて全然なく、本当に楽しい時間でした。


こちらはtamaさんから頂いたプロ技刺繍のケース♪
実物は 画像より革もスムースでステキです。
IMG_1591_convert_20111001040826.jpg
tamaさんのブログで制作過程を拝見していた時から、
これはアタシのものかしら♡ と、
ちゃっかり頂けるつもりでおりました。ふふ。
ナスカンとチェーンは自分で付けて、
SUICAと予備のコンタクトを入れ 持ち歩くのにピッタリ。
ハンドメイドのものって嬉しいですね。
早速 活用させて頂きますね。
tamaさん、ありがとうございました。



内輪話、長くて失礼いたしました。



話題を変え、制作中の鞄ですが、
胴と底を合体させ、本体の縫製が終わりました。
IMG_1583_convert_20111001040705.jpg




この時点で 381g。軽いですよ~。
IMG_1580_convert_20111001040620.jpg
でも、まだ革タブや金具、持ち手も付けていませんので、
この体重は ちょっとサバをよんでます。




でもね、ほら、鞄は けっこう大きいの。
隣にあるのは 2Lサイズのペットボトルです。
IMG_1581_convert_20111001040634.jpg
この身長で この体重なら、まあまあですね。




鞄は 持ち手用の革タブを付けたところまで進んでいます。
IMG_1582_convert_20111001040651.jpg
使用しているカシメの足の長さは 15ミリと けっこう長めのサイズです。
前作のリュックでは これでも足の長さが足りなくて、
18ミリのカシメを探しておりました。
でも それはちょっとやり過ぎでしたね。


御覧の通り、鞄は完成間近ですけれど、
車で1時間ほどの所にある 主人の実家のリフォームが
今日から始まります。

実家は築30年と古いですが、義父も一級建築士ですので、
こだわりの良い素材で建てた なかなかステキな家なんです。
私達夫婦も 色々と手伝いをする事になっていますので、
しばらくDIYネタが続きそうです。
まあ、こちらの方が鞄より得意と言えば そうなのかもしれませんが。

あと少しなので、合間を縫って、
週末中に鞄も完成させたいと思います。



美女のtamaさんと
可愛いYukaさんと
贅肉タプタプの私に
人気ブログランキングへ
ポチッ!


スポンサーサイト

( 2011.10.01 ) ( Handmade その他 ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
革・革・革

浅草で買った革が 昨日 到着しました。
IMG_1592_convert_20111002120246.jpg
私の定番カラーの こげ茶の革がいっぱい。
左の2本は 150ds程とやや小さめ、残りは250ds前後の半裁です。
厚手の革は まだまだ在庫がたくさんありますので、
今回は 中厚~薄手のものをメインに買いました。
扱いやすそうで、これだと色々なデザインの遊びが出来るかも。




珍しくカラーレザーも2枚購入しました。
下の1枚は Yukaさんが見つけたのを半分 頂いたものです。
IMG_1593_convert_20111002120302.jpg
どちらもピンクと紫の中間くらいの微妙なカラー。
せっかくのセールですから、ちょっと冒険しました。




紫RITAとピッタリでわくわくします♡
IMG_1594_convert_20111002120314.jpg




BEAUTEやLEANDREともピッタリ♡
IMG_1595_convert_20111002120327.jpg
カラーレザーで 早く鞄を作りたい~。



カラーレザーで
可愛い鞄が出来ますようにっ
人気ブログランキングへ
と ポチッ!



( 2011.10.02 ) ( Handmade 材料 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
イギリスリネン どこでも正面鞄 まもなく完成♪

浅草で買ったばかりの この革で、
IMG_1597_convert_20111003084401.jpg




持ち手を作り、
IMG_1598_convert_20111003084424.jpg




まるで 子どもの工作の様な バッグチャームも作って、
IMG_1604_convert_20111003084525.jpg




イギリスリネンの どこでも正面鞄、ほぼ完成。
IMG_1601_convert_20111003084437.jpg




くるりと返した反対側は こんなふう。
IMG_1603_convert_20111003084449.jpg


あと もう少しだけ手を加えて、今日中に完成します。



完成まで あと少し
人気ブログランキングへ
ポチッとね!



( 2011.10.03 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
ミシン糸にシリコンオイル

今日は ミシン屋さんから教えて頂いた ちょっとした裏技?のおはなし。

私はいつもスパン糸をメインに使用しているのですけど、
厚手の革を縫う時には 縫目の締まりが悪く感じる事がよくあります。
スパン糸って少し毛羽だっているので 滑りが悪いからでしょうか?

糸調子がとりきれない様なそんな時、
スパン糸にシリコンオイルを含ませてやれば 良いのだそうです。
糸はシリコンオイルで濡れますが、変色はしないので大丈夫です。

シリコンオイルを含ませたコットン等で
糸の巻きをポンポンと叩き付ける様な感じで。
マダムが化粧水をお肌に付ける時の様な感じとでも申したら
よろしいでしょうか。

でもワタクシは 化粧水もスプレータイプ愛用者で
コットンで叩き付ける様な 面倒な事は致しません。
ですので、スパン糸へのシリコンオイルも、
最近はこんな風に付ける様になりました。


この画像でお分かりになります?
IMG_1599_convert_20111004012217.jpg




分かりにくい?
では、もう少しクローズアップ。
IMG_1600_convert_20111004012231.jpg
シリコンオイルをたっぷりと含ませたコットンを二つ折りにして、
その中に糸を通しているんです。
コットンが動かない様に 黄色いマスキングテープで留めています。

我ながら これは なかなか良いアイデア。

でも、コットンを貼付ける位置は、もう少し考えた方が良いかも。
なるべくミシンの糸調子に影響が無いように。

スパン糸にシリコンオイルを塗れば、随分と滑りが良くなりますよ。
フィラメント糸を使えば良いだけの事ですけど、
でも色数を揃えるには ちょっとお高いですから。
スパンで糸調子がとれなくて困る時、よろしかったらお試しあれ。



ここで私の糸調子が良くなります。
人気ブログランキングへ
ポチッ!



( 2011.10.04 ) ( Handmade ミシン ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
どこでも正面鞄 完成♪
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

皆様、おはようございます。
あたくしヴィヴィアン、今か今かとデビューを待ってるところですの。
IMG_1635_convert_20111006085817.jpg
本当なら 昨日の内にデビューできるはずだったんですけれど、
ヤフーボックスとかいう新サービスの開始延期とやらで、
まだデビューできずにおりますの。

オーナーのC教授ったら、もう しびれを切らしてしまって、
いつもならヤフーのサーバーに保存している出品用画像を、
今回は このブログに保存して 出品しちゃうみたい。
相変わらず 気の短い女ね。

でも おかげで あたくしも やっとデビューできるみたい。
もう見飽きてしまった画像だと思いますけれど、
イギリスリネンのどこでも正面鞄、こんな感じで仕上がっておりますの。



           1面目
IMG_1605_convert_20111006085717.jpg

           2面目
IMG_1609_convert_20111006090505.jpg

           3面目
IMG_1608_convert_20111006085800.jpg

           4面目
IMG_1607_convert_20111006085729.jpg

2本の持ち手を てっぺんでクロスさせておりますので、
鞄をクルクル回すだけで どの面も簡単に正面にする事ができますのよ。

でも、せっかくの4フェイスバッグですのに、
どのフェイスもたいして代わり映えしておりませんわね。
C教授、次にどこでも正面鞄を作る時には、
面ごとに ガラリと表情の異なる鞄にしてみたいそうですわ。




ちょっと長くなっちゃいますけれど、C教授の次の鞄も御覧下さいませ。
IMG_1639_convert_20111006090301.jpg
相変わらず 小汚いノートだわ。




使用する素材はこちらですって。
IMG_1637_convert_20111006090237.jpg
安物カメラで ちゃんと色を出せていないのが残念ですけれど、
革は 紫とピンクの中間色で とってもステキですわよ。
内袋も革に合せて 赤みの強い紫色のレーヨンシャンタン、
リバティのグレンジェイドも 赤の強い紫ですわ。




このレザー、本当にウットリする様なカラーですの。
IMG_1638_convert_20111006090250.jpg
何度 撮っても、やっぱり色はちゃんと出せておりませんけど。




C教授は この革で早く鞄を作りたくてたまらないみたい。
IMG_1640_convert_20111006090312.jpg
ズボラ型紙も もう出来てるみたいよ。
あたくしも 次の撮影が楽しみだわ。

本日は、デビュー前のドキドキ ヴィヴィアンがお送り致しました。



ヴィヴィアンのデビューを
人気ブログランキングへ
ポチッと応援ね



( 2011.10.06 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:0 )
革は楽し♪
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

我が家のドラ息子どもは 今 秋休みの真っ最中。
言わずもがな、鞄作りもはかどらず、ブログもサボっておりました。

でも 昨日の夕飯は 主人とドラ息子ども 3人で協力して
カレーを作ってくれましたので、
空いた時間で 少し 鞄が前に進ませる事が出来ました。

革と紫RITAで ショルダーバッグを作っています。
IMG_1641_convert_20111010011206.jpg
この革、何度 撮影しても ピンクに写ってしまうのですが、
本当はもっと紫よりの色合いです。
RITAの 薄い紫の方のバラと同系色です。
紫って 写真に撮るのが難しい。




背面にはファスナーポケット。
IMG_1643_convert_20111010011221.jpg
今回は サイドマチや底も 革を使うつもりです。
でも、けっこう厚みのある革なので 上手く縫えるかどうかは???
革と革が重なる部分、特に底のカーブ部分が かなり心配。




たいした事じゃありませんが、
ファスナーの革の形が 鞄底のラインとマッチしていて、
収まりが良く、妙に気に入っています。
IMG_1645_convert_20111010011234.jpg
トップ画像の 差込み金具を付けた革ベルト、
これは あくまでも おまけ的な物で、
革ベルトの下の 鞄の入れ口に ダブルファスナーを付ける予定でした。
でも ここまで進めてみると、
U地に窪んだ部分でのファスナー開閉は ちょっと窮屈かもしれないと
考え直しているところです。



話題が変わりますが、
パソコンを開くと、アップルのトップページ
スティーブジョブズ氏のモノクロームの写真が出ます。
目に力や光があって とてもステキな写真。
もう何度も繰り返して この写真を眺めてるのですけど、
名前の下に 1955-2011 と書かれているのが悲しい。
マックユーザーの方は、アップルコンピューターと同じくらい
スティーブジョブズ氏が好きな方が多いと思います。
私もその一人で、とても尊敬していて とても好きな方でした。
ご冥福をお祈り申し上げます。



あ、あれ?
しんみり終わちゃった。
人気ブログランキングへ
いえいえ 明るく
特盛りカレーにポチッ!



( 2011.10.10 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
何が出来る?
[ MyAuction ] ← よろしかったら覗いてみて下さいね。 (^人^)

長さの異なるレザーストラップが3本。
巾は全て 1.5cmです。
さて、これで何が出来ると思いますか?
IMG_1665_convert_20111011205436.jpg
え? 鞄の持ち手?

ブッブ~~。
残念、違います。




では次のヒント。
大きめの丸カン、尾錠、ナスカン 等々の金具を使います。
さて、これで何が出来るでしょう?
IMG_1667_convert_20111011205449.jpg
鞄の持ち手じゃなければ、では ショルダー紐か何か?

ブッブ~~。
それも やっぱり違います。

正解すれば、
4泊6日のハワイ旅行にペアでご招待するつもりだったのですが、
正解者がなくて 非常に残念です。




3本のストラップ、
角カンで繋いで ナスカン付けて カシメを打って、
IMG_1668_convert_20111011205501.jpg




丸カン付けて 尾錠も付けて、
IMG_1669_convert_20111011205513.jpg




そして最後に こんな小さなタッセルも作ってみました。
IMG_1670_convert_20111011205526.jpg




タッセルは 2つまとめて 小振りのレバーナスカンに繋いでいます。
ですので、色んなところに飾る事が出来るんですよ。
さあ、そろそろ これが何だか お分かりになりましたでしょ?
IMG_1675_convert_20111011205657.jpg
えっ?
まだ分からない?




も~う、アレですよ、アレ。
尾錠の部分で 長さを調整して使うアレ。
IMG_1674_convert_20111011205643.jpg




全体像はこちらです。
IMG_1673_convert_20111011205602.jpg
犬の首輪じゃありません。




もうお分かりですね。
作っていたのは 「人間用ベルト」でした。
IMG_1672_convert_20111011205550.jpg





IMG_1671_convert_20111011205538.jpg
C教授ったら。
ベルト一本 作ったくらいで、あまりに 引っぱり過ぎですわ。
いい加減になさいませ。




正解者はコチラから
お知らせ下さい
人気ブログランキングへ
ハワイが当たるかも



( 2011.10.11 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
パープルレザーと紫RITAの鞄 形になりました。
[ MyAuction ] ← 今夜 終了です。よろしかったら御覧下さいね。 (^人^)

先週 金曜日から小学校は秋休みでしたが、
やっと明日から通常授業&給食が始まります。ほ~っ。

秋休み中、ドラ息子どもにつき合って クタクタです。
私には ちっとも面白くもないバッティングセンターとか、
冬の洋服を買おうと思えば ブティックではなくスポーツ用品店とか、
お腹も空いていないのに 牛丼屋 とか、
小学生男児の行きたい所は 母親とは もうことごとく異なるのですよ。

仕方なく私も、球打って、NIKE買って、牛丼くらっておりました。
女子の私(多分)、 家族の中ではマイノリティーですし。
ああ、おしゃれで可愛い娘が欲しいっ!

そんな日々の中、珍しく母子で行きたい所の意見が一致し、
秋休み中に 千葉県佐原にある 伊能忠敬記念館に出掛けて来ました。
伊能忠敬、初めて正確な日本地図を作った方ですね。

ワンフロアーだけの記念館ですが、これが とても面白かった!
測量のエキスがムギュ~ッと詰まった所です。
測量にご興味がお有りのマダムには 是非お勧めしたいスポットです。


記念館のある佐原も 川沿いに古い町並みが残されていてステキでした。
ここでは牛丼屋ではなく、古い蔵を利用したカフェで一休み。
IMG_1664_convert_20111011205422.jpg

中は こんな雰囲気。
IMG_1663_convert_20111011205410.jpg
隣接した和菓子屋さんでお菓子を買って、こちらで頂けるんです。
手作りのステンドグラスがたくさんあって 心地よい空間でした。




さて、
ブログタイトルとその内容が 著しく異なっておりますので軌道修正。
長くなってしまいますが、ハンドメイドネタです。


パープルレザーと紫RITAのショルダーバッグ、表袋が出来ました。
この革、紫とピンクの中間色なのですが、
色んな条件で 何度撮影しても どうしてもピンクに写ってしまいます。
なので タイトルはあえてパープルレザーと致しました。
IMG_1678_convert_20111011205714.jpg
今回は 非常にカッチリコッチリと仕立てています。
鞄のフォームと固めの質感がマッチしていて良い出来です。
固いだけではなくて、弾力性も高く 身体にフィットする質感。
形崩れや皺とも無縁で 気持ち良くお使い頂けます。




苦労したのは 革と革が重なる 底の縫い合わせの部分。
IMG_1679_convert_20111013045605.jpg
厚みのある革なので、そのまま縫い代を重ねてしまうと、
どうしても もったりとしたラインになってしまいます。
でも、我がアトリエに革漉き機はない。
ですので、今回はただひたすらに 手作業で革の縫い代を漉きました。
革の針目が広がらない様、縫い代部分には 専用の補強を施しています。




正面の革ベルト部分、ここには裏打ちにも 同じ革を使用しています。
IMG_1682_convert_20111012215353.jpg
良い革を使用するとモチベーションがものすご~く上がります。

革遊び、とても楽しいけれど、革の世界は奥深くて専用の道具も色々。
あまりはまり込んでしまうと危険だと 脳内にアラームが響いています。
ほどほどにしなければ。


さて、ミシンにも刺繍にも革にも、
ありとあらゆるものに はまり込んでしまわれている
布と糸の時間」のtamaさんから とても美しいものを頂きました。
画像を用意していたのですが、あまりキレイに撮れていなかった。
頂いたものがとても美しいので、
撮影しなおして 改めてアップしたいと思います。
お楽しみに。




牛丼とRITAバッグに
人気ブログランキングへ
ポチリと一票を



( 2011.10.13 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:10 ) ( TRACKBACK:0 )
パープルレザーと紫RITAの鞄 内袋が付きました。
[ My Auction ]
4フェイスバッグ、昨日終了致しました。
たくさんのアクセス&御入札、誠にありがとうございました。



パープルレザーと紫RITAの鞄、ゆっくり進行中です。
昨日は 内袋に着手。
IMG_1684_convert_20111012215427.jpg
今回も またもやレーヨンシャンタン。
最近こればかり。




内袋もカッチリ目。
IMG_1688_convert_20111014202758.jpg
前作の 軽量型バッグで苦労した反動なのか、
今回は どこもかしこも カッチリと仕上げています。




腕ミシンだと、表袋と内袋の合わせ縫いなんて、もうあっと言う間。
ものすごくラクです。
IMG_1690_convert_20111014202811.jpg
特にこの鞄は 固い上に 上口が狭く立ち上がった形なので、
平ミシンでは もう縫えませんから。




ところで、今回は 鞄口に ファスナーを付けるのは やめる事にしました。
IMG_1691_convert_20111014202823.jpg
本当は ダブルファスナーを付け、ファスナーエンドを革タブで包む、
という 仕上げにしてみたかったのですが、そうする為には
上口の巾がもう少し大きくないと 使い勝手が悪くなりそうでしたので。

途中で仕様変更してしまったが為に、
ショルダーの付け方に 悩んでしまって、今 手が止まっています。
さて、どんな風にしましょうかね。




話題が変わりますが、
先日 布と糸の時間」のtamaさんから頂いた美しいもの達。
IMG_1695_convert_20111014202900.jpg
豪華 花文字刺繍のフキン、太っ腹 4枚セット!




こちらは 普通に洗濯機を使用して 一度洗った後の 画像なんですけど、
IMG_1692_convert_20111014202836.jpg
繊細な刺繍なのに、洗濯機なのに、全くダメージなし。
キレイで実用的な刺繍なんですね。




ドアップで見ても この美しさ!
IMG_1694_convert_20111014202848.jpg
これ、目が荒めの 薄めのフキンへの刺繍なんですよ~。
Tajima君ってすごいわ~。
Tajima君を操る tamaさんもすごいわ~。


tamaさん どうもありがとうございました。
皿、拭いて拭いて拭きまくりたいと思います。



鞄は完成まであと少し
人気ブログランキングへ
あなたのユンケルが必要です



( 2011.10.15 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
パープルレザーと紫RITAの鞄 革タブ

画面の前の皆様 おはようございます。
唐突ですが、落花生はお好きですか?
IMG_1698_convert_20111016032129.jpg
え?
そんなの好きでも嫌いでもない?
そこにあったら 食べるだけ?




まあ失礼な。
落花生は チバリー自慢の名産品なんですよ。
IMG_1699_convert_20111016030843.jpg
殻から実を取り出すのは少し面倒ですが、
新豆のこの時期、チバリー名産の落花生を ぜひご賞味下さい。




では それなら、さつま芋はお好きですか?
IMG_1700_convert_20111016030856.jpg
ふ、、、これは嫌いとは言わせませんよ。
加熱しても壊れにくいビタミンCがたっぷりな さつま芋。
この時期 美味しく頂きましょう。




さて、この落花生とさつま芋を使用して、鞄はこんな風になりました。
IMG_1702_convert_20111016030933.jpg
角カン巾は 4cm。
カンを通す部分は 革の傷みやすい所ですが、
今回から この部分の補強材を新しいものにして、
ガッツリ頑丈にしています。




豆だの芋だの 呑気な事を書いてますが、
革タブ部分は この鞄での 最難関の縫製ポイントでした。
IMG_1701_convert_20111016030921.jpg
ここは当然 腕吉の出番。
しかしながら、腕はまだまだです。
腕ミシンが ではなく、私の腕が。



まもなく完成です。
人気ブログランキングへ
ラストスパートにポチッ



( 2011.10.16 ) ( Handmade 制作の記録/鞄 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )